メッシ、チリーズ「Socios .com」グローバルブランドアンバサダーに

メッシがチリーズ「Socios .com」のグローバルブランドアンバサダーに就任

サッカーアルゼンチン代表FWのリオネル・メッシ(Lionel Messi)選手が、ファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオス・ドットコム)」のグローバルブランドアンバサダーに就任することが3月29日分かった。契約期間は3年間となるようだ。

今回の契約によりメッシ選手は、グローバルブランドアンバサダーとしてファンに対し「Socios.com」のプロモーションを行うという。また「Socios.com」のブランドデビューキャンペーンを皮切りに、複数の教育・プロモーションキャンペーンに出演する予定とのことだ。

メッシ選手は今回の連携について『プロとして初めて試合に出たときから、ファンの皆さんの情熱が私の原動力となり、頑張ろうという気持ちにさせてくれました。ファンの応援は評価されてしかるべきです。彼らは、自分たちの好きなチームに影響を与える機会を得る資格があります。「 Socios.com」はファン体験を向上させ、ファンを「be more」にするために存在しています。世界中のファンのために、よりつながりの強い、実りある未来を創るという 「Socios.com」 のミッションに参加できることを誇りに思います』とコメントした。

メッシ選手が昨年8月にバルセロナからパリ・サンジェルマンに移籍し、その移籍金の一部を暗号資産(仮想通貨)で受け取っている。「Socios.com」でパリSGが発行したファントークン「$PSG」だ。 ​

「Socios.com」は運営元のチリーズ(Chiliz)が開発したブロックチェーン技術活用の、プロスポーツチームがファントークンの発行と販売ができるプラットフォームだ。

ファンはそのファントークンを購入することでクラブチームが行う投票企画に参加できる権利や、グッズなどを入手できる権利などを取得できる仕組みとなっている。この仕組みにより、チームとファンに新たなエンゲージメントを生み出すことが期待されている。

チリーズは欧州のプロサッカーリーグの多くのチームを中心に提携を行いファントークンを発行している。既にチリーズと提携したスポーツ組織は100を超えており、最近では欧州以外にもブラジルやコロンビア、ロシアなどのサッカークラブとも提携を行っている。また、サッカー以外にもNFL、NBA、NHL、F1チーム、eスポーツクラブ、総合格闘技団体のPFLとUFCとも提携しており、国・ジャンルを問わず展開を進めている。

関連ニュース

パリSG加入のメッシ、移籍金の一部を暗号資産(ファントークン)で受け取る

仏サッカー「ASモナコ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ

アルゼンチンサッカー「CAリーベル」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ

チリーズの「Socios. com」がアルゼンチンサッカー協会を提訴、バイナンスとの契約で=報道

伊セリエA、チリーズ「Socios. com」と提携

参考:Socios.com
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artacet・master1305

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【6/26話題】Horizon Bridgeハッキング犯人が資金洗浄、セルシウスが破産申請検討かなど(音声ニュース)

ハーモニー「Horizon Bridge」ハッキング犯人、マネーロンダリングを確認、セルシウス、チャプター11申請検討か=報道、スリーアローズ債務不履行、ボイジャーデジタル発表、アスター上の分散型取引所「ArthSwap(ARSW)」、「gate. io」上場へ、米コインベースでXCN、METIS、MONA、AST、MEDIA上場へ、ナッジ、「ベリロン」公式Visaクレカ提供開始、【取材】Concordium、「CCD」のデリゲーション機能追加

Sponsored

スリーアローズ債務不履行、ボイジャーデジタル発表

暗号資産ブローカーのボイジャーデジタル(Voyager Digital Ltd)が、財務危機となっている暗号資産ヘッジファンドのスリーアローズキャピタル(Three Arrows Capital:3AC) に対して、債務不履行(デフォルト)通知を発行したことが6月27日に分かった。ボイジャーデジタルが融資した1万5,250BTC(約429億円)と3億5,000万USDC(約474億円)対して、3ACが必要な支払いを行わなかったためだ。

【6/25話題】アクシーRonin Bridgeが再稼働へ、サミーやKADOKAWAらがNFT新会社設立など(音声ニュース)

アクシー「Ronin Bridge」が再稼働、ユーザーへ被害額全額返済へ、パチンコのサミーやKADOKAWAら、NFTサービス開発運営の「O-DEN」設立、カカオのクレイトン、OpenSeaと提携、リップル社、トロントに技術拠点開設へ、バイナンス、機関投資家向けプラットフォーム「Binance institutional」ローンチ、『攻殻機動隊』や『FAIRY TAIL』をweb3で世界展開へ、講談社とアニモカら、関西サッカーリーグ1部「アルテリーヴォ和歌山」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored