チリーズの「Socios. com」がアルゼンチンサッカー協会を提訴、バイナンスとの契約で=報道

「Socios.com」がアルゼンチンサッカー協会を提訴

ファントークンプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」が、アルゼンチンサッカー協会(AFA)を提訴したことが1月28日分かった。

AFAは昨年5月に「Socios.com」運営元のチリーズと提携し、既に公式ファントークンの発行をしているにも関わらず、1月24日に同様の契約を大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)と交わした。今回はそれに対する訴訟となる。

米CoinDeskの報道によると、AFAがバイナンスと契約したのは、チリーズとの契約に不履行があったことが原因であると主張しているとのこと。

AFAの主張として、AFAはチリーズに対し再三の通知をしたにもかかわらず、4か月前にチリーズはAFAへの支払いを怠ったとのこと。またアルゼンチンサッカー代表チームのトークンについて十分なプロモーションが行われず価格も低下したとしており、さらにチリーズの代表チームに関するイメージ使用について「いくつかの違反」があったと説明している。

また一方でチリーズは、AFAへの支払いは既に済んでおり債務はないと主張しているという。また契約を破棄する条件としてトークン価格は契約条項に記載されていないとし、またイメージの誤用はなかったと反論をしているとのことだ。

バイナンスおよびAFAは1月24日、アルゼンチンサッカー代表チームのグローバルスポンサー、AFAの公式ファントークン発行、そしてアルゼンチン国内サッカーリーグのネーミングに関する契約合意を発表した。

しかしAFAは昨年5月に同様の契約を「Socios.com(ソシオスドットコム)」運営元のブロックチェーン企業チリーズ(Chiliz)と交わしており、7月にはアルゼンチンのサッカー1部リーグであるプリメーラ・ディビシオン(Primera Division)の名称をトルネオソシオスドットコム(Torneo Socios.com)にリブランド。また10月にはAFAの公式ファントークンが「Socios.com」で発行されており、現在も「Chiliz Exchange」にて取り扱いがある状態だ。

なおチリーズとの契約期間については3年間となっており、現在契約期間中にも関わらずAFAはバイナンスと5年間の契約を締結したようだ。

バイナンスはチリーズ「Socios.com」に遅れ、昨年10月よりファントークン事業に参入した。バイナンスはファントークン発行にあたり、「バイナンスファントークンプラットフォーム(Binance Fan Token Platform)」を公開し、トークン発行にはバイナンスが以前より提供していたIEO(Initial Exchange Offering)プラットフォーム「バイナンスローンチパッド(Binance Launchpad)」の仕組みを利用している。

第1弾には伊セリエA加盟のサッカークラブであるSSラツィオ、第2弾はポルトガルプロサッカー1部リーグ「プリメイラリーガ」加盟のFCポルト、第3弾はブラジルプロサッカーリーグ「ブラジレイロ・セリエA」加盟のサントスFCのファントークンをそれぞれ発行している。

関連ニュース

アルゼンチンサッカー協会がファントークンで二重契約か、ソシオスに次いでバイナンスと提携

チリーズ「Socios. com」が新たにNBA2チームと提携、またアルゼンチンサッカーチームのファントークン発行も

バイナンス、セリエAラツィオのファントークン発行へ。激化するか? スポーツとトークン市場

参考:CoinDesk
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Pict-Rider・Wavebreakmedia

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored