【取材】本田圭佑やギャビンウッドも出資、ステイクのアスターネットワーク(ASTR)がPolychain主導で約25億円調達

ステイクのアスターネットワーク(ASTR)がPolychain主導で約25億円調達

ステイクテクノロジーズ(Stake Technologies)が開発する、日本発のパブリックブロックチェーン「Astar Network(アスターネットワーク)」が約25億円(2,200万ドル)を調達したことを1月28日に発表した。

この資金調達ラウンドは、ポリチェーン(Polychain)が主導。その他、参加した投資ファンドはアラメダリサーチ(Alameda Research)、アルケミーベンチャーズ(Alchemy Ventures)、アニマルベンチャーズ(Animal Ventures)、クリプトドットコムキャピタル(Crypto.com Capital)デジタルファイナンスグループ(Digital Finance Group)、 GSR、ヴィッセル(Vessel)、インジェクティブプロトコル(Injective Protocol)、サイテール・ベンチャーズ(Scytale Ventures)だ。

また個人として、本田圭佑氏、ギャビン・ウッド(Gavin Wood)氏、リチャード・マー(Richard Ma)氏、 Web3 Foundationとパリティーテクノロジーズ(Parity Technologies)の幹部などが参加したとのことだ。

アスターネットワークはポルカドット上の分散型アプリ(DApps)のハブであり、イーサリアム(Ethereum)、ウェブアッセンブリー(WebAssembly)、ZKロールアップ(ZK Rollups)などのレイヤー2ソリューションに対応している。

そしてアスターネットワークは昨年12月にポルカッドのパラチェーンへの接続枠を獲得し、稼働を開始している。またアスターネットワークのトークンである「アスター(ASTR)」は現在フォビグローバル(Huobi Global)、OKEx(オーケーイーエックス)、Gate.io(ゲート)、クラーケングローバル(Kraken Global)、クーコイン(KuCoin)に上場している。

また1月28日に国内暗号資産取引所運営のコインチェック(Coincheck)が、Web3スタートアップを支援プログラム「Coincheck Labs」を開始し、その第一号案件としてアスターネットワークを手がけるステイクテクノロジーズへ出資することも発表した。

なおアスターネットワークは今後も、複数のレイヤー1チェーンと接続し、複数のスマートコントラクトVMをサポートすることで、マルチチェーン・スマートコントラクト・ハブとなる動きを強めていくという。

現在、イーサリアムとの2つのブリッジ機能が稼動している。またブロックチェーンのコスモス(Cosmos)とのブリッジ機能は開発中で、今年の第4四半期までにすべての主要なチェーンに接続する予定とのことだ。

ステイクテクノロジーズCEO渡辺創太氏へ取材

あたらしい経済編集部はステイクテクノロジーズのCEOである渡辺創太氏へ取材を行なった。

–アメリカの投資家とアジアの投資家に違いはありましたか?

一概には言えませんが、アメリカのトップファンドは内部に強い専門家が多くデューディリジェンスなどがかなりハードルが高いです。アジアのトップファンドは誰と一緒に投資をするかの比重が高いと思います。今回実はPolychainには昨年2回断られてまして今回、我々の成長を見ていただき投資をしていただきました。

–Build2Earnプロトコルとは具体的にどのようなものでしょうか?

業界に1番貢献しているのは実際にプロダクトを作るエンジニアですが、収益は投資家に集中しているという問題がありました。Astarは開発者のエコシステムに応じてベーシックインカムを自動的に配布し、Astarの上で開発をすることでエンジニアが収益をあげられる仕組みをもっておりBuild to Earnと呼んでいます。

–Cosmosとブリッジするのは、どのような意義があるのでしょうか?

Astarは2022年内に全てのメジャーブロックチェーンを繋ぐことを目的にしています。CosmosとAstarを接続するとCosmosのアセットがAstar上で使用可能になりDeFiなどに組み込まれていきます。

デザイン:一本寿和
images:iStocks/artacet・ChrisGorgio

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored