伊セリエA、チリーズ「Socios. com」と提携

Socios. comがイタリアプロサッカーリーグと提携

ファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」を運営するチリーズ(Chiliz)が、新たにイタリアプロサッカーリーグ「セリエA」と提携することが1月11日分かった。

なおチリーズがプロサッカーリーグと提携するのは、昨年9月に提携を発表したスペインプロサッカーリーグ「ラ・リーガ(旧リーガ・エスパニョーラ)」に続き2例目となる。

「Socios.com」はチリーズのブロックチェーン技術を活用し、プロスポーツチームがファントークンの発行と販売ができるプラットフォームだ。それによりスポーツチームは資金調達でき、またファンはファントークンを購入することでチームが行う投票企画に参加できる権利や、グッズなどを入手できる権利などを取得できる仕組みとなっている。

発表によると今回の提携により「セリエA」のファンに新たなエンゲージメントの機会を提供していく予定と説明されているが、ファントークンの発行について等、今までのプロスポーツチームの提携との違いや詳細については触れられていない。

なおチリーズは、セリエA加盟クラブ全20チーム中、ASローマ・ユヴェントス・ACミラン・インテル・ボローニャ・ナポリの6チームと提携しており、「Socios.com」で公式ファントークンを発行している。

セリエAはチリーズとの提携の他にも、暗号資産(仮想通貨)取引所・決済サービスを提供するCrypto.com(クリプトドットコム)とのパートナーシップ契約の締結を昨年5月に発表している。

この提携は、5月に開催されたカップ戦「コッパ・イタリア」の決勝、アトランタ対ユベントスの試合のスポンサーとなっており、開催記念に公式トロフィーや試合のハイライトなどを含む特別なNFTコレクションを発行するものだった。

関連ニュース

チリーズのSocios. comがスペインプロサッカーリーグと提携

Crypto. comがセリエAと提携、コッパ・イタリア決勝にてトロフィーのNFT発行を予定

セリエA「ナポリ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ

 NBAニックスとNHLレンジャース、チリーズ「Socios. com」と提携

参考:ソシオスドットコム
デザイン:一本寿和
images:iStocks/GOCMEN・master1305

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【8/18話題】Phantomの新機能Burn NFT、Fractionalが約27億円調達とTesseraに名称変更など(音声ニュース)

ソラナのウォレットPhantomが新機能「Burn NFT」、スパムNFTバーンでSOL取得も、NFT分散所有の「Fractional」、約27億円調達と「Tessera」に名称変更、世界銀行グループ、炭素クレジットファンド設立へ、取引プラットフォーム構築も、FRB理事、デジタルドルに消極姿勢、クリプトドットコム、英国で暗号資産事業者の認可取得、コイントレード、ポルカドット(DOT)上場、FTXグローバル、ソラナDEXの「Orca(ORCA)」上場へ、eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ、欧州中央銀行、銀行への暗号資産規制を緩和か、オーストラリアで個人投資家向けビットコイン現物ETF提供へ、福岡市主催「学校では教えてくれないWeb3の可能性」8/27開催、オンライン配信も(渡辺創太/紫竹佑騎/設楽悠介)

Sponsored

eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ

株式や暗号資産などの投資プラットフォームを提供するイートロ(eToro)が、米国の株式などのオプション取引プラットフォームであるギャツビー(Gatsby)を買収するための契約を締結したことを8月17日に発表した。ギャツビーは2018年に設立され、米国の若年層向けに手数料無料で株式のオプション取引ができるアプリを提供してきた。