チリーズのSocios. comがスペインプロサッカーリーグと提携

Socios. comがスペインプロサッカーリーグと提携

ファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」を運営するチリーズ(Chiliz)が、新たにスペインプロサッカーリーグ「ラ・リーガ(旧リーガ・エスパニョーラ)」と提携することが9月14日分かった。

なおチリーズがプロサッカーリーグと提携するのは初の事例となる。

「Socios.com」はチリーズのブロックチェーン技術を活用し、プロスポーツチームがファントークンの発行と販売ができるプラットフォームだ。それによりスポーツチームは資金調達でき、またファンはファントークンを購入することでチームが行う投票企画に参加できる権利や、グッズなどを入手できる権利などを取得できる仕組みとなっている。

発表によると今回の提携により「ラ・リーガ」のファンに新たなエンゲージメントの機会を提供していく予定と説明されているが、ファントークンの発行について等、今までのプロスポーツチームの提携との違いや詳細については触れられていない。

「ラ・リーガ」は先日9日にも、NFTを利用したファンタジーフットボールゲームを提供するソーレア(Sorare)との提携を発表していた。この提携により、ラ・リーガに加盟している全20クラブがソーレアに参加し、各チームに所属する選手のNFTカードがソーレアにて販売されている。

関連ニュース

NFTサッカーゲーム「Sorare」、スペイン国内リーグ全選手のデジタルカード発行へ

参考:ソシオスドットコム
デザイン:一本寿和
images:iStocks/GOCMEN・master1305

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携