NFTサッカーゲーム「Sorare」、スペイン国内リーグ全選手のデジタルカード発行へ

ラ・リーガ全選手のデジタルカード発行へ

NFTを利用したファンタジーフットボールゲームを提供するソーレア(Sorare)がスペイン国内リーグのラ・リーガ(リーガ・エスパニョーラ)と提携したことを9月9日発表した。

この提携により、ラ・リーガ所属の全20クラブがソーレアに参加することになる。また9日より各チームの選手カードがソーレアのマーケットで販売開始となる。

また来週には全ポジションの選手カードが含まれる限定スターターパックも発売されるようだ。

ソーレアは今回の提携発表の前からすでにラ・リーガ所属のレアルマドリード、バルセロナ、アトレティコマドリードなどのチームとも提携していたが、今回リーグ全体と提携することになった。なお今年3月にはクリスティアーノ・ロナウド選手のNFTカードに28万9,920ドル(約3,200万円)の値が付いた。

またソーレアは今年6月にもベルギーサッカー協会、ドイツサッカー連盟、フランスサッカー協会と立て続けに提携し、各国代表チームのNFTによる選手カードを発行している。

さらに日本でもJリーグと提携し、Jリーグに所属するすべての選手のNFTカードを発行することを昨年8月に発表している。国内暗号資産(仮想通貨)事業者であるコインチェック株式会社が、同社提供のNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」にて、ソーレアの取扱いを8月に発表している。

関連ニュース

Coincheck NFT(β版)、NFTサッカーゲームSorareの取扱い開始へ

NFTサッカーゲームSorare、ベルギー代表の選手カード発行

NFTサッカーゲームSorare、ドイツ代表の選手カード発行

NFTサッカーゲームSorare、フランス代表の選手カード発行

サッカーゲーム「Sorare」で使えるクリスティアーノ・ロナウドのNFTが約3,200万円で売却

ブロックチェーンサッカーゲーム「Sorare(ソーレア)」が日本のJリーグ所属全選手のNFTカードを発行

参考: Sorare
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artacet・master1305

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/24話題】ソラナのweb3スマホSaga来年発売、Cegaメインネットローンチなど(音声ニュース)

ソラナ(SOL)、web3スマホ「Saga」来年発売へ、【取材】分散型金融Cega、メインネットローンチへ、アミューズ、web3ファンド「KultureFUND」設立、記念NFT販売も、バイナンスとクリスティアーノロナウド提携、NFT展開へ、暗号資産ウォレット大手「Ledger」、NFTマーケットプレイス、クレカ、web3ファンド設立など発表、米コインベース、ポリゴン(MATIC)とソラナ(SOL)ネットワーク対応へ、USDC送受信可能に、「Magic Eden」、ソラナ(SOL)のPhantomウォレットと連携、分散型取引所dYdX、コスモス(ATOM)エコシステムで稼働へ、「クリプタクト」のDeFi取引集約機能にポリゴン(MATIC)追加、「遊んで稼ぐ」ゲームで若者支援、DEA「PlayMining」で「D×P」が、ダイキン、日本IBMと冷媒循環管理のブロックチェーンPF構築に向け実証実験、FTX、USDTがアバランチ、USDCがポリゴンとトロンに対応、スマホ版コインベースウォレット、DeFiやNFT機能追加、メキシコサッカー「グアダラハラ」、「Socios. com」でファントークン発行へ、米コインベース、ビットコイン先物商品提供へ

Sponsored