クラーケングローバル、Cosmos上でデータプライバシー提供の「Secret(SCRT)」上場へ

クラーケングローバルがSCRT上場へ

米サンフランシスコ拠点の大手暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)で、新たに暗号資産シークレットネットワーク:Secret Network(SCRT:シークレット)が上場することが3月30日分かった。

またクラーケンが提供するステーキングサービスにおいてもSCRTの取り扱いが発表された。最大で年利20%の報酬が得られるとのことだ。

発表によるとSCRTの入金は既に開始しており、取引は4月1日14:30(UTC:世界協定時)より開始する予定とのこと。取引ペアはUSDとEURが対応している。

対象となるサービスはクラーケン(販売所)とクラーケンプロ(取引所)、そして前述したステーキングサービスだ。先物取引と証拠金取引については対象外となるようだ。

なお日本の居住者については取引できないとのこと。

シークレットネットワークは、コスモス(Cosmos)エコシステム上に構築されたデータプライバシーを提供するプロジェクトだ。コンセンサスアルゴリズムはDelegated Proof of Stake(DPoS)を採用している。ネイティブトークンであるSCRTはステーキングによる報酬獲得の他にも、ガバナンスに投票するためにも使用される。

現在SCRTはバイナンス(Binance)やフォビグローバル(Huobi Global)、ゲート(Gate.io)、エムイーエックスシー(MEXC)などの暗号資産取引所で取り扱われている。なお時価総額は約1,063億円となる(3/30 コインマーケットキャップ調べ)。

なおクラーケンによる新規銘柄の上場発表は、3月24日のコンベックスファイナンス:Convex Finance(CVX)、フラックスシェア:Frax Share(FXS)、マルチチェーン:Multichain(MULTI:マルチ)、パワーレッジャー:Power Ledger(POWR:パワー)、プレイダップ:PlayDapp(PLA)、Quant:クオンツ(QNT)、ルービック:Rubic(RBC)、スーパーレア:SuperRare(RARE:レア)、トークマック:Tokemak(TOKE:トーク)、ロボノミクス:Robonomics(XRT)の10銘柄に続くものとなる。

関連ニュース

クラーケングローバルでCVX、FXS、MULTI、POWR、PLA、QNT、RBC、RARE、TOKE上場へ

クラーケングローバル、DFINITY「Internet Computer(ICP)」上場へ

暗号資産取引所クラーケン、ウクライナユーザーへ1000万ドル相当のビットコイン寄付へ

【取材】クラーケンジャパン、イーサリアムのステーキングサービス開始

クラーケングローバル、Kusamaパラチェーンの「Robonomics(XRT)」取り扱い開始

参考:クラーケン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored