クラーケングローバル、DFINITY「Internet Computer(ICP)」上場へ

クラーケングローバル、 ICP上場へ

米サンフランシスコ拠点の大手暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が、暗号資産インターネットコンピューター:Internet Computer(ICP)の上場を3月17日発表した。

クラーケンでの新規銘柄上場の発表は、2月24日のピーステーク:pSTAKE(PSTAKE:ピーステーク)以来となる。

発表によるとICPの取引は3月18日より開始する予定で、入金についてはすでに開始している。また取引ペアはUSDとEURが対応しているとのこと。

なおICPはKraken(販売所)およびクラーケンプロ(取引所)にてサポートされる。先物取引と証拠金取引については対象外となる。日本の居住者については取引できないとのことだ。

インターネットコンピューターは、非営利団体DFINITY(ディフィニティ)財団によって昨年5月立ち上げられたパブリックブロックチェーン。分散型コンピューティングプラットフォーム、つまり分散型の「Amazon Web Services(AWS)」や「Google Cloud」のようなサービスを目指すプロジェクトだ。

現在ICPは、バイナンス(Binance)やコインベース・エクスチェンジ(CoinbaseExchange)、クーコイン(KuCoin)、ゲート(Gate.io)、フォビグローバル(Huobi Global)、エムイーエックスシー(MEXC)などの暗号資産取引所で取り扱われている。なお記事執筆時点の時価総額は約4,107億円となる(3/17コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

DFINITYのICP(インターネットコンピューター)とは? イーサリアムと何が違う? 

暗号資産取引所クラーケン、ウクライナユーザーへ1000万ドル相当のビットコイン寄付へ

クラーケングローバルに「pSTAKE」上場

クラーケングローバルでALICE、AUDIO、BICO、ENS、GALA、IMX、KP3R、MC、WOO、YGGが上場へ 

クラーケン、XRP保有者へのソングバード(SGB)エアドロップ対応。日本ユーザーは対象外 

参考:クラーケン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored