クラーケングローバルでALICE、AUDIO、BICO、ENS、GALA、IMX、KP3R、MC、WOO、YGGが上場へ

クラーケングローバル、10銘柄を上場へ

米サンフランシスコ拠点の大手暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)で、新たに暗号資産10銘柄が上場することが2月23日分かった。

クラーケンでの新規銘柄の上場発表は、2月15日に取引開始したテラユーエスディー:TerraUSD(UST)に続くものとなる。

今回上場するのはマイ・ネイバー・アリス:My Neighbor Alice(ALICE:アリス)、オーディアス:Audius(AUDIO:オーディオ)、バイコノミー:Biconomy(BICO)、イーサリアムネームサービス:Ethereum Name Service(ENS)、ガラ:Gala (GALA)、イミュータブルエックス:Immutable X(IMX)、キープ・スリー・アール・ネットワーク:Keep3r Network(KP3R)、メリッチサークル:Merit Circle(MC)、ウーネットワーク:WOO Network (WOO:ウー)、イールドギルドゲームス:YieldGuild Games(YGG)の10銘柄だ。

発表によると各銘柄の取引は2月25日より開始する予定で、入金についてはすでに開始している。また取引ペアはそれぞれUSDとEURが対応しているとのこと。

各銘柄はKraken(販売所)およびクラーケンプロ(取引所)にてサポートされる。先物取引と証拠金取引については対象外となるようだ。

なお米国、カナダ、オーストラリア、日本の居住者については取引できない。

各暗号資産について

マイ・ネイバー・アリスは、暗号資産を保有していないユーザーにブロックチェーン技術をもっと親しみやすくすることを目的としたブロックチェーンゲームだ。ユーザーは他のユーザーと交流しながら報酬を獲得したり、仮想の土地を購入・所有・カスタマイズできる。

なお現在ALICEは、バイナンス(Binance)やゲート(Gate.io)、クーコイン(KuCoin)、FTX、フォビグローバル(Huobi Global)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV2(Uniswap V2)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお記事執筆時点での時価総額は約228億円となる(2/24コインマーケットキャップ調べ)。

オーディアスは、2020年10月にローンチした、ブロックチェーンとトークンエコノミーを活用したSpotifyやSoundCloudのような音楽ストリーミングサービスだ。ネイティブトークンであるAUDIOの発行と供給を行うことで分散化したノード運用を可能にしている。

なお現在AUDIOは、バイナンス(Binance)やゲート(Gate.io)、クーコイン(KuCoin)、FTXなどの暗号資産取引所の他、ユニスワップV2(Uniswap V2)およびV3などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお記事執筆時点での時価総額は約526億円となる(2/24コインマーケットキャップ調べ)。

バイコノミーは、複数のチェーンに跨るあらゆる分散型アプリケーションに、比較的安価な価格でユーザーをシームレスに接続することを目的としたネットワーク。BICOはバイコノミーのイーサリアム規格のネイティブトークンだ。

なお現在BICOは、バイナンス(Binance)やCoinbase(コインベース)、フォビグローバル(Huobi Global)、ゲート(Gate.io)、バイビット(Bybit)、FTX、オーケーイーエックス(OKEx)などの暗号資産取引所で取り扱われている。なお記事執筆時点での時価総額は約155億円となる(2/24コインマーケットキャップ調べ)。

イーサリアムネームサービスは、例えるならイーサリアムブロックチェーンにおけるDNS(Domain Name Services)のようなサービスを提供している企業だ。このサービスを利用することで、イーサリアムアドレスやコントラクトアドレスを「○○.eth」のように人が理解できる文字に置き換えることが可能で、その仕組みにはNFTが活用されている。またENSはシステムのネイティブトークンであり、ガバナンスへの投票の際に用いられる。

なお現在ENSは、Coinbase(コインベース)やバイナンス(Binance)、ゲート(Gate.io)、クーコイン(KuCoin)、バイビット(Bybit)、ポロニエックス(Poloniex)、オーケーイーエックス(OKEx)、エムイーエックスシー(MEXC)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV2(Uniswap V2)およびV3やゼロエックスプロトコル(0x Protocol)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお時価総額は約342億円となる(2/24コインマーケットキャップ調べ)。

Galaはブロックチェーンゲームのエコシステムを構築することを目的としたゲームおよびNFTプラットフォームだ。GALAはプラットフォームのユーティリティトークンであり、ノードオペレーターのインセンティブやネットワークガバナンス、ゲームをプレイするためのゲーム内報酬、GalaストアでアイテムやNFTを購入するためのゲーム内通貨などに使用される。

なお現在GALAは、Coinbase(コインベース)やバイナンス(Binance)、ゲート(Gate.io)、クーコイン(KuCoin)、ポロニエックス(Poloniex)、オーケーイーエックス(OKEx)、エムイーエックスシー(MEXC)、クリプトドットコム(Crypto.com Exchange)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV3(Uniswap V3)やパンケーキスワップV2(PancakeSwap V2)、ゼロエックスプロトコル(0x Protocol)、スシスワップ(Sushiswap)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお時価総額は約1,776億円となる(2/24コインマーケットキャップ調べ)。

イミュータブルエックスは、ブロックチェーン基盤のNFTマーケットプレイスなどの取引手数料やスピードなどの課題を解決を目的としたNFT取引に特化したレイヤー2ソリューションだ。IMXはイミュータブルエックスのネイティブおよびガバナンストークンで、イーサリアムベースのトークンとなっている。

なお現在IMXは、コインベース (Coinbase)やバイナンス(Binance)、フォビグローバル(Huobi Global)、FTX、クーコイン(KuCoin)、ゲート(Gate.io)、コインリストプロ(Coinlist Pro)、バイビット(Bybit)、オーケーイーエックス(OKEx)、エムイーエックスシー(MEXC)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV3(Uniswap V3)やスシスワップ(Sushiswap)、ゼロエックスプロトコル(0x Protocol)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお時価総額は約423億円となる(2/24コインマーケットキャップ調べ)。

キープ・スリー・アールは、分散型金融(DeFi)プロジェクトのヤーン・フィナンス(Yearn Finance)創業者アンドレ・クロニエ(Andre Cronje)氏によってローンチされたトークンだ。仕事を行うチーム「キーパー」と、外部データにアクションを行うスマートコントラクト「ジョブ」があり、ジョブが完了した際にKP3Rが報酬として発行される。

なお現在KP3Rは、バイナンス(Binance)やゲート(Gate.io)、ジェミナイ(Gemini)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV2(Uniswap V2)およびV3やスシスワップ(Sushiswap)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。時価総額は約127億円となっている(2/24コインマーケットキャップ調べ)。

メリッチサークルはブロックチェーン・NFTゲームで遊んで稼ぐ(Play-to-Earn)の発展を目指す分散型自律組織(DAO)で、ゲームプレイヤーにDAOが保有するNFT資産をレンディングし活用している。MCはメリッチサークルのガバナンストークンで、ステーキングやプラットフォームの報酬などに利用されている。

なお現在MCは、バイナンス(Binance)やゲート(Gate.io)、ジェミナイ(Gemini)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV2(Uniswap V2)およびV3などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。時価総額は約118億円となっている(2/24コインマーケットキャップ調べ)。

ウーネットワークは、トレーダー、取引所、機関、およびDeFiプラットフォームを接続する流動性ネットワークだ。WOOはウーネットワークのネイティブトークンで、ユーザーはWOOを担保として使用し、流動性の提供、ステーキングに参加することができる。

なお現在WOOは、バイナンス(Binance)やフォビグローバル(Huobi Global)、クーコイン(KuCoin)、ゲート(Gate.io)、ポロニエックス(Poloniex)、エムイーエックスシー(MEXC)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV2(Uniswap V2)およびV3やスシスワップ(Sushiswap)、パンケーキスワップV2(PancakeSwap V2)、レイディウム(Raydium)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお時価総額は約471億円となっている(2/24コインマーケットキャップ調べ)。

YGGは同プラットフォームのユーティリティー・トークンであり、イールド・ファーミング(Defiサービスに暗号資産を預けて、流動性を提供する見返りに金利や手数料収入がもらえる仕組み)や、イールドギルドゲームスが提供する独占コンテンツへの支払いなどに利用できる。

なお現在YGGは、FTXやバイナンス(Binance)、クーコイン(KuCoin)、フォビグローバル(Huobi Global)、ゲート(Gate.io)、ポロニエックス(Poloniex)、エムイーエックスシー(MEXC)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV3(Uniswap V3)やスシスワップ(Sushiswap)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお時価総額は約281億円となる(2/24コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

クラーケン、XRP保有者へのソングバード(SGB)エアドロップ対応。日本ユーザーは対象外

クラーケングローバル、テラユーエスディー(UST)上場

クラーケングローバル、クサマパラチェーンの「Altair(AIR)」上場

Akash Network(AKT)、クラーケンに上場

クラーケン、MNGO、KIN、ORCA、ATLAS、POLIS、FIDA、STEP、SBR新規上場へ

参考:クラーケン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/dalebor・Ninja-Studio・Serhii-Yakovliev

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored