クラーケングローバル、クサマパラチェーンの「Altair(AIR)」上場

クラーケングローバル、AIR上場

米サンフランシスコ拠点の大手暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が、暗号資産オルタイル:Altair(AIR)の上場を2月8日発表した。

なおAIRは今回が初めての取引所上場となる。

発表によるとAIRの取引は既に開始されており、取引ペアはUSDとEURが対応している。

なお各銘柄はKraken(販売所)およびクラーケンプロ(取引所)にてサポートされる。先物取引と証拠金取引については対象外となる。

また米国、カナダ、オーストラリア、日本の居住者については取引できないとのことだ。

オルタイルは、NFTから実世界の資産まで、ユーザーが資産をトークン化し、プロトコルを使って資金調達できるクサマネットワーク(Kusama Network)のパラチェーン。ネイティブトークンのAIRはネットワークのセキュリティやガバナンス、取引手数料の支払いに使用される。

なおクサマネットワークとは、異なるブロックチェーンの相互運用(インターオペラビリティ)を目指すブロックチェーン「Polkadot(ポルカドット)」の実験用ネットワークだ。パラチェーンとはポルカドットとクサマのエコシステムそれぞれにおいて稼働する個々のブロックチェーンのことを指す。

またオルタイルの姉妹チェーンであるセントリフュージ:Centrifuge(CFG)は、ポルカドットパラチェーンとしてポルカドット上に分散型資産融資プロトコルとして構築されている。

関連ニュース

Akash Network(AKT)、クラーケンに上場

クラーケン、MNGO、KIN、ORCA、ATLAS、POLIS、FIDA、STEP、SBR新規上場へ

ポルカドットパラチェーンのアカラ(ACA)、クラーケングローバルに上場

アスター(ASTR)、クラーケングローバルに上場。ローンチ後4取引所目

クラーケングローバル、ポルカドットパラチェーンの「ムーンビーム (GLMR)」上場

参考:クラーケン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【10/5話題】OasysがtofuNFTと提携、マスターカードがCrypto Secureローンチなど(音声ニュース)

【取材】ゲーム特化型ブロックチェーンOasys、tofuNFTと提携、マスターカード、暗号資産取引の安全性を高める「Crypto Secure」ローンチ、ブロックチェーンゲームのホライゾンが約58億円調達、SFTマーケをローンチへ、NFTの第3四半期売上高が急減、第2四半期比で60%減、スイスのルガーノ市、マクドナルドでビットコイン・USDT・LVGA支払可能に、フィデリティ、イーサリアム(ETH)のインデックスファンド提供開始、FTXグローバル、「Mycelium(MYC)」と「GMX(GMX)」取り扱いへ、バイナンス、DeFiの「GMX(GMX)」取り扱いへ、Bリーグの青森ワッツ、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored