ポルカドットパラチェーンのアカラ(ACA)、クラーケングローバルに上場

クラーケングローバル、 ACA上場

米サンフランシスコ拠点の大手暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が、暗号資産アカラ:Acala(ACA)の上場を1月25日発表した。

クラーケンでの新規上場は、今月に入り4銘柄目となる。

またアカラは24日に暗号資産(仮想通貨)取引所のGate.io(ゲート)、クーコイン(KuCoin)、25日にバイナンス(Binance)と立て続けに上場している。

クラーケンでのACAの取引と入金は既に開始されており、取引ペアはUSDとEURとなっている。

なおACAはKraken(販売所)およびクラーケンプロ(取引所)にてサポートされる。先物取引と証拠金取引については対象外。

また米国、カナダ、オーストラリア、日本の居住者については取引できないとのことだ。

ACAのアカラネットワークは、異なるブロックチェーンを接続し相互運用性を提供するブロックチェーンプロジェクト「ポルカドット(Polkadot)」の「パラチェーンオークション」で接続枠を最初に獲得したプロジェクトだ。

ポルカドットは中心的な機能を果たすリレーチェーンと、そのリレーチェーンに接続される個別のブロックチェーンであるパラチェーンによって構成されている。

アカラネットワークは、ポルカドット上にEVM(イーサリアム・バーチャルマシン)互換の分散型金融(DeFi)を提供するスマートコントラクトプラットフォームだ。またネイティブトークンのACAは、ステーブルコインの作成、取引手数料の支払い、ガバナンスへの参加、ステーキングと流動性マイニングによる報酬の獲得に使用できる。

なおクラーケンでは、1月11日に同じくポルカドットパラチェーンのムーンビーム:Moonbeam(GLMR:グリマー)、18日にアスター:Astar(ASTR:アスター)を上場している。

関連ニュース

バイナンス、ポルカドットパラチェーンの「アカラネットワーク (ACA)」上場 

アスター(ASTR)、クラーケングローバルに上場。ローンチ後4取引所目

クラーケングローバル、ポルカドットパラチェーンの「ムーンビーム (GLMR)」上場

クラーケングローバル、クサマパラチェーンのKintsugi (KINT)上場 

参考:クラーケングローバル
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored