バイナンス、ポルカドットパラチェーンの「アカラネットワーク (ACA)」上場

バイナンスにACA上場

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)に、暗号資産アカラ:Acala(ACA)が上場したことが1月25日分かった。

「Binance.com」での新規上場は、今月に入り4銘柄目となる。

またアカラの上場については昨日24日に、暗号資産(仮想通貨)取引所のGate.io(ゲート)、クーコイン(KuCoin)が取り扱いを発表している。

発表によるとACAは1月25日12時(UTC:世界協定時)より取引が開始される予定で、取引ペアについてはACA/BTC、ACA/BUSD、ACA/USDTとなっている。

なお入金については1月25日6時より開始され、引き出しについては1月26日12時より開始される。

またバイナンスを通して、ポルカドットパラチェーンオークションでACAに投票したユーザーは1月26日6時より報酬の請求ができるとのことだ。

ACAのアカラネットワークは、異なるブロックチェーンを接続し相互運用性を提供するブロックチェーンプロジェクト「ポルカドット(Polkadot)」の「パラチェーンオークション」で接続枠を最初に獲得したプロジェクトだ。

ポルカドットは中心的な機能を果たすリレーチェーンと、そのリレーチェーンに接続される個別のブロックチェーンであるパラチェーンによって構成されている。

アカラネットワークは、ポルカドット上にEVM(イーサリアム・バーチャルマシン)互換の分散型金融(DeFi)を提供するスマートコントラクトプラットフォームだ。またネイティブトークンのACAは、ステーブルコインの作成、取引手数料の支払い、ガバナンスへの参加、ステーキングと流動性マイニングによる報酬の獲得に使用できる。

なおバイナンスでは、同じくポルカドットパラチェーンのムーンビーム:Moonbeam(GLMR:グリマー)を1月11日に上場している。

関連ニュース

バイナンス、ポルカドットパラチェーンの「ムーンビーム (GLMR)」上場

ポルカドット、パラチェーン稼働開始。日本発「Astar Network」ら5プロジェクトが接続

バイナンスにオラクルプロジェクトの「API3」上場

バイナンスコイン(BNB)が18度目のトークンバーン

バイナンスがタイ市場参入へ、暗号資産取引所設立に向け現地電力大手子会社と提携 

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ