JPモルガンチェース、DeFi「Uniswap」創設者の個人口座を閉鎖

JPモルガンチェース、Uniswap創設者の個人口座を閉鎖

分散型金融(DeFi)プロトコルのユニスワップ(Uniswap)創設者であるヘイデン・アダムス(Hayden Adams)氏が、JPモルガン・チェース(Morgan Chase)の個人口座を閉鎖されたことを1月23日にツイートで明らかにした。

そのツイートによれば、JPモルガン・チェースは通知も説明もなく銀行口座を閉鎖したようだ。 DeFiで働く人々は、アダムス氏と同様の状況になる可能性があるという。

アダムス氏は「暗号資産業界で働いているというだけで、同じように銀行の標的にされている個人や企業をたくさん知っています。法人口座ではなく、個人口座にしてくれてありがとうございます」とツイートしている。

数ヶ月前に米国証券取引委員会(SEC)はユニスワップの主要開発元であるユニスワップラボ(Uniswap Labs)の調査を開始しているが、その因果関係は定かではない。

また米商品先物取引委員会(CFTC)の元コミッショナーであるブライアン・クインテンツ(Brian Quintenz)氏は、アダムス氏のツイートに返信する形でこの件に関する見解を伝えた。

クインテンツ氏は「連邦準備制度理事会(FRB)もしくは米国米通貨監督庁(OCC)の銀行検査官が上層部からの指示によって、ディバンキング(口座を使えない状態)にしたと考えられます。その銀行検査官がリスクが高い顧客を銀行に伝え、銀行がその顧客との関係を終わらせた場合、銀行は契約上、その顧客に理由を伝えることができません」とツイートで説明した。

参考:Hayden Adams
images:iStocks/4×6
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored