バイナンスがタイ市場参入へ、暗号資産取引所設立に向け現地電力大手子会社と提携

バイナンス、タイに暗号資産取引所設立へ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、IT関連企業ガルフ・イノーバ(Gulf Innova Company)と、タイで暗号資産取引所設立に向け覚書(MOU)を締結したことが1月17日分かった。

ガルフ・イノーバの完全親会社であるガルフ・エナジー・デベロップメント(Gulf Energy Development)は、タイの億万長者であるサラートラタナヴァディ(SarathRatanavadi)氏がCEO(最高経営責任者)を務めるタイ最大の独立系発電業者だ。

今回覚書を締結したことにより両社は、タイにおける暗号資産取引所および関連事業の展開に向け、共同で模索していくとのことだ。

またこの覚書によると「バイナンスは暗号資産取引所ビジネスの専門知識を活かす」と記載されており、また「ガルフ・イノーバは現地企業とのネットワークを活用し、タイでの事業立ち上げのノウハウを持ち込むことで、取引所事業を展開することができる」と説明されている。

なおガルフ・イノーバは、デジタルインフラ事業への進出も視野に入れており、将来的には他のデジタル資産に関連する取り組みも行っていくとのことだ。

Binance.comは昨年7月に、タイ証券取引委員会(SEC)より同国にてライセンス無しでデジタル資産ビジネスを運営しているとし、刑事告訴されていた。

関連ニュース

タイSECがバイナンスを刑事告訴、無許可営業に対し

参考:ガルフ・イノーバ・カンパニー・リミテッド
デザイン:一本寿和
images:iStock/b14ckminus

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した