バイナンスにオラクルプロジェクトの「API3」上場

バイナンスにAPI3上場

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)に、暗号資産エーピーアイスリー:API3(API3)が上場したことが1月21日分かった。

「Binance.com」での新規上場は、1月11日のムーンビーム:Moonbeam(GLMR:グリマー)以来の発表となる。

発表によるとAPI3は1月22日より取引開始となっており、取引ペアはAPI3/BTC、API3/BUSD、API3/USDTとなっている。

エーピーアイスリーは、従来のAPIとブロックチェーンエコシステムをつなぐことを目的としたデータオラクルのプロジェクト。API3はエーピーアイスリーのネイティブトークンで、ガバナンスにも利用される。なおAPI3はイーサリアムベースのERC-20規格のトークンだ。

API3はバイナンスの他、Coinbase(コインベース)やクーコイン(KuCoin)、フォビグローバル(Huobi Global)、ゲート(Gate.io)、ジェミナイ(Gemini Green)、ポロニエックス(Poloniex)、オーケーイーエックス(OKEx)、エムイーエックスシー(MEXC)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV2(Uniswap V2)およびV3やスシスワップ(Sushiswap)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお時価総額は約183億円となる(1/24コインマーケットキャップ調べ)。

 関連ニュース

バイナンス、ポルカドットパラチェーンの「ムーンビーム (GLMR)」上場

バイナンスコイン(BNB)が18度目のトークンバーン 

バイナンスがタイ市場参入へ、暗号資産取引所設立に向け現地電力大手子会社と提携 

バイナンスラボ、ブロックチェーンゲーム「ナインクロニクルズ」に出資

バイナンス、ブロックチェーンゲーム「League of Kingdoms」のトークンIEOへ 

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStock/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した