バイナンスコイン(BNB)が18度目のトークンバーン

BNBが18度目のトークンバーン

大手暗号資産(仮想通貨)取引所のバイナンス(Binance)が第18四半期(2021年10~12月)実施のトークンバーンにて約910億円に相当するBNB(バイナンスコイン)をバーン(焼却)したことを1月18日発表した。

発表によると今回バーンされたのは1,684,387.11BNBだ。前回のトークンバーンでは1,335,888BNBが焼却されており、今回のトークンバーンでは前回と比較して焼却数量と相当金額は上回った。

なお今回のトークンバーンより「BNB Auto-Burn」と呼ばれる焼却プログラムが採用されている。このプログラムはBNBの需要と供給が反映されたBNBの価格と、対象となる四半期のブロック生産数に応じて、焼却数量を計算する仕組みとなっている。

これまではバイナンスが四半期ごとに前四半期の取引高に応じてBNBを買い戻しバーンする仕組みだった。

なおBNBの発行上限数は2億BNBとなっており既に全数量が発行済みだ。バイナンスはBNBを定期的にバーンすることにより最終的にトークンの総数を1億BNBにするとしている。トークン価格の上昇に応じてBNB保有者とバイナンスが利益を得ることに繋がるという。

関連ニュース

バイナンスコイン(BNB)が17度目のトークンバーン

バイナンスコイン(BNB)が16度目のトークンバーン

バイナンスコイン(BNB)、トークンバーン金額が過去最大を更新

バイナンス(Binance)が過去最大金額でバイナンスコイン(BNB)のトークンバーン実施

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Trifonenko

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored