バイナンスコイン(BNB)が16度目のトークンバーン

バイナンスコイン(BNB)が16度目のトークンバーン 

大手暗号資産(仮想通貨)取引所のバイナンス(Binance)が第16四半期(2021年4月~6月)実施のトークンバーンにて393,673,653.52ドル(約432億円)相当にあたるBNB(バイナンスコイン)をバーン(焼却)したことを7月19日発表した。

今回焼却されたのは1,296,728BNBだ。前回のトークンバーンでは650億円に相当する1,099,888BNBが焼却されており、BNBの数量としては前回を上回った。

BNBの発行上限数は2億BNBとなっており既に全数量が発行済みだ。バイナンスではBNBを定期的にバーンして1億BNBにするとしており、四半期ごとに前四半期で得た営業利益の20%にあたるBNBをバーンしている。

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表