バイナンスコイン(BNB)が16度目のトークンバーン

バイナンスコイン(BNB)が16度目のトークンバーン 

大手暗号資産(仮想通貨)取引所のバイナンス(Binance)が第16四半期(2021年4月~6月)実施のトークンバーンにて393,673,653.52ドル(約432億円)相当にあたるBNB(バイナンスコイン)をバーン(焼却)したことを7月19日発表した。

今回焼却されたのは1,296,728BNBだ。前回のトークンバーンでは650億円に相当する1,099,888BNBが焼却されており、BNBの数量としては前回を上回った。

BNBの発行上限数は2億BNBとなっており既に全数量が発行済みだ。バイナンスではBNBを定期的にバーンして1億BNBにするとしており、四半期ごとに前四半期で得た営業利益の20%にあたるBNBをバーンしている。

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/2話題】イーサのパブリックテストネットZhejiang公開、分散型データストレージシステムBNB Greenfieldなど(音声ニュース)

イーサリアム、ステーク出金機能対応のパブリックテストネット「Zhejiang」公開、BNBチェーン、分散型データストレージシステム「BNB Greenfield」発表、コンセンシス、無料web3学習プラットフォーム「MetaMask Learn」提供開始、c0ban取引所が業務再開、エクシアから独立しCoin Masterとして、欧州投資銀行、ポンド建てデジタル債券発行へ、暗号資産ハッキング被害、昨年が過去最高の38億ドル、北朝鮮グループが主導か、分散型取引所Dexalot、アバランチ(AVAX)サブネットでローンチ、SUSHI TOPと「tofuNFT」のCOINJINJAが業務提携、LINE NFT、物件仲介手数料が0.5ヶ月分になるNFT「サクラノスマイ」発売へ、クロスチェーン通信プロトコル「レイヤーゼロ」、重大な脆弱性の指摘を否定、フットサルチーム「ポルセイド浜田」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored