中国人アーティストが仮想不動産NFT発表、アリババのタオバオで

中国人アーティストが仮想不動産NFT発表、アリババのタオバオで

アリババ(Alibaba)が開催する中国有数のクリエイター展覧「タオバオ・メーカー・フェスティバル(Taobao Maker Festival)」で、中国人アーティストのヘーシャン・フアン(Heshan Huang)氏が、数百のNFT化した仮想不動産コレクションを発表したことをBLOCKCASTが7月18日に報じた。このNFTは仮想空間「Bu Tu Garden Community」上に建てられる一戸建てのヴィラなど、仮想の建物が表現されている。

そして今回発表されたNFTはタオバオに出店している「秃力富 TOO RICH」で販売されている。なおブロックチェーン開発プラットフォームのニアー・プロトコル(NEAR Protocol)とウェブ3・ゲームス(Web3Games)が、このNFTの技術サポートを行っているとのことだ。

URL:https://dev.hhs.art/toorich/list

ヘーシャン・フアン氏はNEAR ProtocolやWeb3Gamesとの協力関係について「ブロックチェーンとNFTの概念は非常に複雑で、運用が非常に面倒だと思っていたが、結果は予想外でした。すでにNEARのアカウントを持っている人は、直接受け取ることができます。そうでない場合は、画面の指示に従って、いくつかの簡単なステップで完了します」とBLOCKCASTに答えている。

さらにへーシャン・フアン氏は「操作が簡単で従来のインターネットに近いユーザー体験に加えて、ミントのコストが安いことも、NEARとの提携を選んだ理由の一つです。アーティストがチェーン上でNFTをミントすると、そのたびに一定の料金が必要になることがわかりました。イーサリアムでNFTをミントするコストは高価ですが、NEARは数セントしかかからず非常に適しています」と説明した。

今後、へーシャン・フアン氏はNFT関連のメタバース製品を制作していく予定とのことだ。

参考:BLOCKCAST
デザイン:一本寿和
images:iStocks/osman-demir

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/7の話題】SBIが暗号資産取引所へ出資、ステーブルコインが銀行と資金移動業に制限かなど(音声ニュース)

SBI、シンガポールの大手暗号資産取引所コインハコへ出資、金融庁、日本円ステーブルコイン発行を銀行と資金移動業者に制限か=報道、FTX、暗号資産トレーディング・プラットフォーム規制に関する10原則を発表、アニモカブランズとバイナンス、約227億円のファンドを立ち上げ。ブロックチェーンゲーム支援で、【取材】メディアドゥ、NFT配布も可能なソーシャル映像視聴アプリ「GREET」提供へ、マリオット、会員向けキャンペーンでNFTプレゼント、兵庫県のサッカークラブ「FC SONHO川西」、FiNANCiEでクラブトークン発行、米コインベースプロ、暗号資産7銘柄を新規上場、NFT活用事例が学べる無料イベント12月10日開催、「NFT WEEKS TOKYO」で

Sponsored

アニモカブランズとバイナンス、約227億円のファンドを立ち上げ。ブロックチェーンゲーム支援で

香港拠点のNFTゲーム開発企業アニモカ・ブランズ(Amimoca Brands)と、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、ブロックチェーンゲームプロジェクトへの支援を目的に2億ドル(約227億円)規模のファンドを立ち上げたことが12月6日分かった

【取材】メディアドゥ、NFT配布も可能なソーシャル映像視聴アプリ「GREET」提供へ

電子書籍取次事業やNFTマーケットプレイス運営を手がけるメディアドゥが、ソーシャル映像視聴アプリ「GREET(グリート)」を12月13日より提供開始することを発表した。「GREET」は、ミュージックビデオ、ライブ映像、ショートフィルム、ライフスタイル番組などあらゆるジャンルの公式映像を、オンライン上映会で誰とでも一緒に鑑賞ができる映像視聴アプリだ。