横浜Fマリノス、リミックスポイントとトップパートナー契約

横浜F・マリノス、リミックスポイントとトップパートナー契約

サッカーJ1クラブチーム横浜F・マリノスが、国内暗号資産(仮想通貨)取引所「BITPOINT」を運営する株式会社ビットポイントの親会社株式会社リミックスポイント(Remixpoint)とトップパートナー契約を締結したことを7月18日に発表した。

発表によると今回の契約締結に伴い、8月6日開催のJ1リーグ第6節・ガンバ大阪戦より、トップチームの選手が着用する公式ユニフォームにリミックスポイントのブランドロゴが掲出される。またリミックスポイント提供の「リミックスでんき」において横浜F・マリノスを応援できる新電気料金プラン「マリノストリコロールプラン」が8月1日よりスタートするとのことだ。

リミックスポイントの代表取締役社長CEOである小田玄紀氏のコメントによると、将来的に同社は子会社の株式会社ビットポイントジャパンが保有するブロックチェーン技術を活用し、クラブ独自のファントークン発行やNFTに関する協業も検討するようだ。

参考:横浜F・マリノス

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定