バイナンスコイン(BNB)、トークンバーン金額が過去最大を更新

バイナンスコイン(BNB)、トークンバーン金額が過去最大を更新

大手暗号資産(仮想通貨)取引所のバイナンス(Binance)が第15四半期(2021年1月~3月)実施のトークンバーンにて595,314,380ドル(約650億円)相当にあたるBNB(バイナンスコイン)をバーン(焼却)したことを4月16日発表した。これによりBNBの総供給量は170,532,825BNBから169,432,937BNBに減少したとのこと。

今回バーンを行ったバイナンスコインは合計1,099,888 BNBとのことで、米ドルに換算するとバイナンスが行ったトークンバーンの最大金額を更新した。 

編集部のコメント

バイナンスでは四半期ごとに前四半期で得た営業利益の20%にあたるBNBをバーンすることになっています。このことからバーンされるBNBの数量が大きくなるということは、バイナンスにとっては大きな成長を表していることになります。

またBNBの発行上限数は2億BNBとなっており既に全数量が発行済みです。バイナンスはこのBNBを定期的にバーンすることにより1億BNBにするとしています。これはトークン価格の上昇に応じてBNB保有者とバイナンスが利益を得ることに繋がります。

おディクリプト(Decrypt)の報道によると現在ホワイトペーパーからバーンによる取引所の収益との関係は削除されているとのことです。

BNBは今年に入り、時価総額でビットコイン、イーサリアムに次ぐ3番目に大きい暗号資産となっており、今年1月の38ドル(USD)から直近では638.57ドルまで価格上昇し、わずか1四半期で16.8倍の成長を遂げています。

関連ニュース

(Binance)が過去最大金額でバイナンスコイン(BNB)のトークンバーン実施

参考:BinanceリリースBinanceブログ

(images:iStock/Trifonenko)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【7/25話題】SBIが「ビットコイン現物ETF」取り扱い準備か、DEAと東京電力らがDePINの「ピクトレ」を東京で実証試験へなど(音声ニュース)

SBIがビットコイン現物ETF取り扱い準備か=報道、DEAと東京電力らがDePINコンテンツ「ピクトレ」、東京都の3区で実証試験へ、京東コインリンク科技、香港ドルにペッグのステーブルコイン発行予定と発表、フェラーリが暗号資産決済システムを欧州にも拡大、米国での導入に続き、NTTデジタルとマツモト、卒業アルバムにブロックチェーン活用へ、タイ、デジタル資産配布の登録受付を8月1日から開始。デジタルウォレット政策一環で、農産業のRWAマーケットプレイス「Agridex」、ソラナ上で初の農業取引を決済=報道