バイナンス(Binance)が過去最大金額でバイナンスコイン(BNB)のトークンバーン実施

バイナンスが過去最大金額でBNBのトークンバーン実施

大手暗号資産(仮想通貨)取引所のバイナンス(Binance)が第14四半期(2020年10月~12月)実施のトークンバーンにて約1億6,580ドル(約172億円)相当のBNB(バイナンスコイン)をバーン(焼却)したことを1月19日発表した。

バーンしたバイナンスコインは合計3,619,888BNBとのことで、バイナンスが行ったトークンバーンで過去最大のものとなった。

バイナンスのCEOであるCZ(ジオ・チャンポン:Changpeng Zhao)氏によると、今回のバーンは前回と比較して約2.4倍のトークンを焼却したとのことだ。

編集部のコメント

バイナンスでは四半期ごとに前四半期で得た営業利益の20%にあたるBNBをバーンすることになっています。

このことからバーンされるBNBの数量が大きくなるということは、バイナンスにとっては大きな成長を表していることになります。

またBNBの発行上限数は2億BNBとなっており既に全数量が発行済みです。バイナンスはこのBNBを定期的にバーンすることにより1億BNBにするとしています。

これはトークン価格の上昇に応じてBNB保有者とバイナンスが利益を得ることに繋がります。

なおディクリプト(Decrypt)の報道によると現在ホワイトペーパーからバーンによる取引所の収益との関係は削除されているとのことです。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/Trifonenko)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。