バイナンスコイン(BNB)が17度目のトークンバーン

バイナンスコイン(BNB)が17度目のトークンバーン

大手暗号資産(仮想通貨)取引所のバイナンス(Binance)が第17四半期(2021年7~9月)実施のトークンバーンにて約730億円相当にあたるBNB(バイナンスコイン)をバーン(焼却)したことを10月19日発表した。

今回バーンされたのは1,335,888BNBだ。前回のトークンバーンでは1,296,728BNBが焼却されており、焼却数量としては前回を上回っている。

バイナンスでは、すでに全数量を発行済みの2億BNBを四半期ごとにトークンバーンを行い、1億BNBにするとしている。バーンの数量は四半期の取引データおよび「BNBパイオニアバーンプログラム」による計算方法をもとに決定される。なお今回の同プログラムによる焼却数は1,335,888BNBのうち、17,839BNBとなっている。

また今回のトークンバーンによりBNBの総供給量は、168,137,036BNBから166,801,148BNBとなった。

関連ニュース

バイナンスコイン(BNB)が16度目のトークンバーン

バイナンスコイン(BNB)、トークンバーン金額が過去最大を更新

バイナンス(Binance)が過去最大金額でバイナンスコイン(BNB)のトークンバーン実施

参考:バイナンスハイライト
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored