レイカーズがチリーズ「Socios. com」と提携、NBA24チーム目に

レイカーズがチリーズ「Socios. com」と提携

ファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」を運営するチリーズ(Chiliz)が、新たにNBA加盟のロサンゼルス・レイカーズ(Los Angeles Lakers)と提携したことを10月15日発表した。

今回の提携によりNBA加盟の団体は全30チーム中24チーム目となった。今月チリーズは6日、8日、9日、12日、13日、14日と立て続けてNBAチームとの提携発表を行っている。

また今回の提携で10月20日より開始する2021-22のシーズンより、「Socios.com」はレイカーズのFacebookグループのスポンサーとなるとのことだ。

「Socios.com」はチリーズのブロックチェーン技術を活用し、プロスポーツチームがファントークンの発行と販売ができるプラットフォームだ。

ファントークンを発行することでスポーツチームは資金調達でき、またファンはファントークンを購入することでチームが行う投票企画に参加できる権利や、グッズなどを入手できる権利などを取得できる仕組みとなっている。この仕組みにより、チームとファンに新たなエンゲージメントを生み出すことが期待されている。

チリーズは欧州のプロサッカーリーグの多くのチームを中心に提携を行いファントークンを発行している。最近では欧州以外にもブラジル、アルゼンチン、韓国のサッカークラブとの提携も行っている。またサッカークラブに限らず格闘技団体やカーレースチーム、eスポーツチーム、クリケットチームとの提携及び公式ファントークンの発行を行っている。

また最近ではチリーズはテニス業界と初の提携を発表している。提携先の「国際テニス連盟(ITF)」および「Kosmos Tennis(コスモス・テニス)」が運営する男子テニスの国別対抗戦「デビスカップ by Rakuten」の公式ファントークン「$DAVIS」が11月4日に発行される予定となっている。

関連ニュース

チリーズ「Socios. com」のNBA提携が23チームに、新たにテニス業界とも

バイナンス、セリエAラツィオのファントークン発行へ。激化するか? スポーツとトークン市場

参考:ソシオスドットコム
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artacet・msan10・efks

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資