米コインベースプロでARPA Chain(ARPA)、Bounce(AUCTION)、Perpetual Protocol(PERP)上場

米コインベースプロでARPA、AUCTION、PERP上場

米ナスダック上場の暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbase(コインベース)が、同社提供の個人トレーダー向けプラットフォームCoinbase Pro(コインベースプロ)にて新たに暗号資産アルパチェーン:ARPA Chain(ARPA:アルパ)、バウンス:Bounce(AUCTION:オークション)、パーペチュアルプロトコル:Perpetual Protocol(パープ:PERP)の上場を10月19日発表した。

なおコインベースプロでは新規銘柄の上場を9週連続で行っている。同プラットフォームで上場した暗号資産は数日中にCoinbase.com(販売所)でも取り扱いが開始する流れとなっているため、今回上場となった各銘柄もその対象となるだろう。

コインベースプロでの各銘柄の取り扱いは流動性条件が満たされ次第、10月19日の午前9:00(太平洋標準時)以降になるとのことだ。また米コインベースのサービス対象全地域で対応するとのこと(日本は対象外)。

コインベースプロでの取引ペアはARPA-USD、ARPA-USDT、ARPA-EUR、AUCTION-USD、AUCTION-USDT、AUCTION-EUR、PERP-USD、PERP-USDT、 PERP-EURとなっている。

アルパチェーンはMPC(複数のサーバが協力して行う秘密計算技術)によって実現される、プライバシー保護のためのレイヤー2ソリューションだ。データユーティリティを所有権から分離し、データのレンタルを可能にすることを目的としているプロジェクト。ARPAはプライバシー保護の計算に利用される。

なおARPAは、バイナンス(Binance)やフォビグローバル(Huobi Global)、ビッサム(Bithumb)、ゲート(Gate.io)、クコイン(KuCoin)などの取引所やユニスワップV2(Uniswap V2)といったDEX(分散型取引所)で取り扱われている。なお時価総額は約189億円となる(10/19コインマーケットキャップ調べ)。

バウンスはトークンやNFT販売のための分散型オークションのプロトコルだ。AUCTIONはプロトコル上のインセンティブ及びガバナンストークンとなっている。

なおAUCTIONは、バイナンス(Binance)やフォビグローバル(Huobi Global)、オーケーイーエックス(OKEx)、ゲート(Gate.io)、コインエクスチェンジ(CoinEx)などの取引所やスシスワップ(Sushiswap)といったDEX(分散型取引所)で取り扱われている。なお時価総額は約92億円となる(10/19コインマーケットキャップ調べ)。

パーペチュアルプロトコルはDEX(分散型取引所)で、PERPはプロトコルを動かすためのトークンだ。PERP保有者がプロトコルにステーキングすることで報酬が得られる仕組みもある。

なおPERPは、バイナンス(Binance)やFTX、ゲート(Gate.io)、クラーケン(Kraken)、オーケーイーエックス(OKEx)、レジャーバンク(LBank)などの取引所やユニスワップV2(Uniswap V2)、ユニスワップV3(Uniswap V3)、スシスワップ(Sushiswap)、ゼロエックスプロトコル(0x Protocol)、バランサー(Balancer)などといったDEX(分散型取引所)で取り扱われている。なお時価総額は約1,309億円となる(10/19コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

米コインベースプロでBadger DAO(BADGER)とRarible(RARI)上場

参考:米コインベースプロ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。