クラーケングローバル、クサマパラチェーンのKintsugi (KINT)上場

クラーケングローバル、KINT上場

米サンフランシスコ拠点の大手暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が、暗号資産キンツギ(Kintsugi /KINT:キント)の上場を1月6日発表した。

クラーケンでの上場発表は12月16日のアバランチ:Avalanche (AVAX)以来となる。

クラーケンでのKINTの取り扱いは1月6日の20:00(UTC:世界協定時)より取引が開始されており、入金については既に可能となっている。

KINTの取引ペアはKINT-USD、KINT-EURとなっており、KrakenおよびKraken Terminal(Kraken Pro)にてサポートされる。 なお米国、カナダ、オーストラリア、日本の居住者については取引できないとのことだ。

キンツギは、1:1のビットコイン担保資産であるkBTCを、クサマネットワーク(Kusama Network)のパラチェーンに利用することで流動性を活性化するプロジェクト。KINTはキンツギのガバナンストークンだ。

現在KINTは、暗号資産取引所ゲート(Gate.io)で取り扱われいる。

なおクラーケン上場前は約2,800円台を推移していたが、上場発表後6時間ほどで価格は3,600円を突破。そこから記事執筆時点では3,800円台近辺で推移している(1/7コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

アバランチ(AVAX)、クラーケンに上場

クラーケングローバル、テラ(LUNA)上場

クラーケングローバル、KusamaパラチェーンのKILT Protocol(KILT)上場

クラーケングローバル、シバイヌ(SHIB)上場

参考:クラーケン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察