クラーケングローバル、KusamaパラチェーンのKILT Protocol(KILT)上場

クラーケングローバル、KILT上場

米サンフランシスコ拠点の大手暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が、暗号資産キルトプロトコル:KILT Protocol(KILT)の上場を12月1日発表した。

今週クラーケンでは11月29日にシバイヌ:Shiba Inu(SHIB)の上場を発表したばかりだ。

発表によるとKILTの取引および入金については、既に可能となっている。

KILTの取引ペアはKILT-USD、KILT-EURとなっており、KrakenおよびKraken Terminal(Kraken Pro)にてサポートされる。 なお米国、カナダ、オーストラリア、日本の居住者については取引できないとのことだ。

キルトプロトコルは、異なるブロックチェーンの相互運用(インターオペラビリティ)を目指すPolkadot(ポルカドット)の実験用ネットワークであるKusama(クサマ)のパラチェーンとして、クサマ上で分散型アイデンティティ(DID)プロトコルを提供している。なおパラチェーンとはポルカドットとクサマのエコシステムそれぞれにおいて稼働する個々のブロックチェーンのことだ。

KILTの他にもクラーケンに上場しているクサマパラチェーンとして、日本発のパブリックブロックチェーンである紫電:Shiden(SDN)の他、ムーンリバー:Moonriver(MOVR)やカルラ:Karura(KAR)、ファラ:Phala(PHA)、バイフロスト:Bifrost(BNC)がクラーケンに上場している。

現在ネイティブトークンであるKILTは、エムイーエックスシー(MEXC)で取り扱われている。

関連ニュース

クラーケングローバル、シバイヌ(SHIB)上場

クラーケングローバル、KusamaパラチェーンのBifrost(BNC)上場へ

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored