Aaveが機関投資家向けサービス提供へ、初のホワイトリスト機関にFireblocks

Aaveが機関投資家向けサービス提供へ

DeFiレンディングプラットフォームAaveが機関投資家向けのサービス「Aave Arc」をローンチしたことが1月6日に分かった。「Aave Arc」はコンプランスに準拠した形でサービス提供が行われる。つまり「Aave Arc」を利用するすべての者はKYCが義務付けられる。

また「Aave Arc」の初のホワイトリスト機関としてファイヤーブロックス(Fireblocks)が登録されたことが明らかになった。ファイヤーブロックスがAaveのホワイトリストに登録されたことで、そのユーザーはファイヤーブロックスのセキュリティシステムの通して、Aaveを利用できるようになる。

ちなみにファイヤーブロックスはFATFガイドラインに基づき、KYC(Know Your Customer)、CDD(Customer Due Diligence)、EDD(Enhanced Due Diligence)に関する新たなフレームワークを開発したとのことだ。

そして発表ではファイヤーブロックスがAave Arcへの参加を承認した金融機関の名称を明らにした。それは全部で30社ほどで、Anubi Capital、Bluefire Capital、Canvas Digital、Celsius、CoinShares、GSR、Hidden Road、Ribbit Capital、Wintermuteなどが明らかになった。

また発表ではDeFi領域の現状として「現在約2559億ドルがDeFiにロックされていますが、エンタープライズグレードのリスク管理およびKYC/AML要件に対応していないため、金融機関はほとんどDeFi市場を利用できない状態です」と説明されている。

「Aave Arc」のように機関投資家のDeFiへのアクセスを今後可能にしていけば、半年で1兆ドル規模の投資機会を提供することができると発表で予測されている。

Aaveの創業者兼CEOであるスタニ・クレチョフ(Stani Kulechov)氏は次のようにコメントしている。

「DeFiは、透明性、流動性、プログラマビリティを含む金融イノベーションの強力な波を象徴していますが、従来の金融機関では長い間アクセスすることができませんでした。Aave Arcの登場により、これらの金融機関は初めてDeFiに準拠した方法で参加できるようになりました」

「Aave Arc」は昨年7月に「Aave Pro」からリブランディングされ、その構想が明らかになっていた。今後「Aave Arc」は機関投資家とDeFiのゲートウェイとなり、新たな金融市場創出に重要な役割を果たしていくのではないだろうか。

参考:Fireblocks
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Imagesines

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も