映画「ザ・バットマン」前売券購入者に限定NFT配布、米AMCとワーナー・ブラザース

映画「ザ・バットマン」前売券購入者に限定NFT配布

米国で3月4日より上映開始の「ザ・バットマン(THE BATMAN)」の前売チケット購入者を対象に、数量限定の「THE BATMAN NFT」が配布されることが2月7日分かった。

「THE BATMAN NFT」は、同作品の配給元であるワーナー・ブラザース(Warner Brother)と、米大手映画館チェーンのAMCエンターテインメント(AMC Entertainment)が共同配布する。なお今回は昨年12月に配布された「SPIDER-MAN NFT」に続く、AMCの映画前売券付きNFTの第二弾となっている。

発表によると「THE BATMAN NFT」は、レアリティの異なる16種類のデザインがあるとのこと。配布対象となるのは、2月14日(米国東部基準時)までに「AMCTheatres.com」またはAMCモバイルアプリでチケットを購入・予約し、3月6日までに米国のAMC劇場でチケットをスキャンして「ザ・バットマン」を鑑賞したAMCユーザーとなる。

配布対象となったユーザーが取得したNFTコードとNFTを引き換えるための説明は、AMCからメールが送信されるとのこと。なお3月29日23:59(米東部基準時)までにNFTを引き換える必要があるとのことだ。

また「THE BATMAN NFT」は、パルムNFTスタジオ(Palm NFT Studio)との連携により、同社ブロックチェーンネットワークのパルムネットワーク(Palm Network)で発行されるとのことだ。なお前回の「SPIDER-MAN NFT」ではWAX(ワックス)のブロックチェーンで発行されていた。

なお昨年9月、パルムNFTスタジオはワーナー・ブラザースの子会社であるDCコミックス(DC Comics)と提携しており、DCが開催するバーチャルイベント「DC FanDome」のプロモーションのために初のNFTシリーズをリリースしている。

さらにワーナー・ブラザースは昨年11月末に映画「マトリックス(Matrix )」のNFTである「マトリックス・アバター( Matrix Avatars)」をパルムネットワークで発行し、ソーシャルNFTプラットフォーム「Niftys.com」でリリースしていた。

またAMCは今回のような取り組みの他、ブロックチェーン企業のオレンジ・コメット(Orange Comet)と連携し、ドラマ「ウォーキング・デッド(The Walking Dead)」シリーズのNFTコレクションを今年2月20日にリリースする予定だ。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

映画「スパイダーマン」前売券購入者に限定NFT配布、米AMCとソニーピクチャーズ

ワーナーブラザーズ、マトリックスのNFTアバター販売へ

ニフティーズがワーナーブラザースと提携しNFT販売、1,000万ドルの資金調達も発表

バットマンなどで知られるDCコミックスがNFT市場参入の機会検討か

参考:AMC
デザイン:一本寿和
images:iStocks/noLimit46・Pongpak-Jitnukroh

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催