野村証券らのKomainu、暗号資産運用利回りサービス提供開始

Komainu、暗号資産運用利回りサービス提供開始

機関投資家向けにデジタルアセットのカストディサービスを提供するコマイヌ(Komainu Holdings Limited)が、暗号資産の運用利回り(イールドファーミング)を提供するサービスを開始したことが8日に分かった。

サービス名は「コマイヌ・イールド(Komainu Yield)」。現時点でのサービス対象は、コンセンサスアルゴリズムがPoSである暗号資産のようだ。

顧客は「コマイヌ・イールド(Komainu Yield)」を活用すると、コマイヌで資産をカストディされながら、その資産の運用利回りを得られるという。

「コマイヌ・イールド」提供の目的は、顧客が感じている従来のカストディサービスとDeFi(分散型金融)エコシステムのギャップを埋めるためとのことだ。なおすでにコインシェアーズ(CoinShares)は同社が提供するテゾス(Tezos)とポルカドット(DOT)のステーキング商品に「コマイヌ・イールド」を活用しているという。

コマイヌは野村証券、レジャー(Ledger)、コインシェアーズ(Coinshares)の合弁会社であり、昨年3月には野村総合研究所からも出資を受けている。

コマイヌの社長であるヘンソン・オーサー(Henson Orser)氏は次にようにコメントしている。

「金融業界におけるデジタル資産の存在感は、今後ますます高まっていくでしょう。Komainu Yieldを通じて、金融機関がデジタル資産にさらに触れるための新たな方法を提供し、同時に従来の金融業界で当たり前の厳しいセキュリティ基準にも準拠する基盤を構築しました。より多くのブロックチェーンがProof of Stake(PoS)モデルへと移行する中、ステーキングという行為は暗号資産エコシステムの中でより大きな役割を果たすことになるでしょう。私たちはKomainu Yieldを作成し、Komainuとの取引を選択するだけでカストディ資産のリターンを受け取ることができる安全で透明性の高い方法を金融機関に提供するため、ステーキングサービスを開始しました」

参考:Komainu
images:iStocks/boku0203・dalebor
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ