ニフティーズがワーナーブラザースと提携しNFT販売、1,000万ドルの資金調達も発表

ニフティーズがワーナーブラザースと提携しNFT販売、1,000万ドルの資金調達も発表

米マイアミを拠点とするブロックチェーン企業のニフティーズ(Nifty’s, Inc.)がソーシャルNFTプラットフォーム「Niftys.com」の正式ローンチを7月12日発表した。

またニフティーズは米エンターテイメント企業であるワーナー・ブラザース(Warner Bros. Entertainment Inc.)との提携と、7月16日より全米で公開予定の実写アニメーションスポーツコメディ映画「Space Jam: A New Legacy(邦題:スペース・プレイヤーズ)」のキャラクターをモチーフにした限定NFTコレクションの販売を発表した。

なお現在Space Jamの販売ページからニフティーズのアカウントを作成することで、無料のNFTの付与が受けられる。このNFTは 91,980個の数量限定で記事執筆時点では「74,815 / 91,980 NFT」となっている。

また今回ニフティーズは、シードラウンドでの1,000万ドル(約11億円)の資金調達の実施も発表している。

リリースによると今回の資金調達では、ポリチェーンキャピタル(Polychain Capital)、イーサリアルベンチャーズ(Ethereal Ventures)、リバティシティベンチャーズ(Liberty City Ventures)、ドレイパードラゴンファンド(Draper Dragon Fund)などの既存投資家が出資額を増やした他、

新たにコインベースベンチャーズ(Coinbase Ventures)、ダッパーラボ(Dapper Labs)、トップス(Topps)、ポラロイド(Polaroid)、クワイエットキャピタル(Quiet Capital)、フォアランナーベンチャーズ(Forerunner Ventures)、サムスンネクスト(Samsung Next)、A&T キャピタル(A&T Capital)、BBTVホールディングス(BBTV Holdings Inc.)などが参加をしたとのことだ。

なおニフティーズはプレシードラウンドの際に、NBAのダラス・マーベリックス(Dallas Mavericks)のオーナーであるマーク・キューバン(Mark Cuban)氏やイーサリアム(Ethereum)共同創業者のジョセフ・ルービン(Joseph Lubin)氏などからも出資を受けていた。

参考:Nifty’sプレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Viktoria-Ruban

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【10/20の話題】フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、米国BTC先物ETFの初日売買など(音声ニュース)

フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、パイロット版ローンチ、米国でビットコイン先物ETF取引開始、初日売買代金は約10億ドル。現物も過去最高値付近まで上昇、次はビットコイン「現物」ETF承認か、グレースケールがGBTCをETFに転換申請、米チェイナリシスがNYDIGと提携、ビットコイン購入計画も、野村HDがデジタルガレージ子会社へ出資、Komainuと3社で国内機関投資家向けのカストディ事業検討へ、コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結、コスメブランド「CLNIQUE」、NFT活用のSNSプロモーションを発表

コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結

暗号資産取引所運営の米コインベース・グローバル(Coinbase Global)と、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)が、複数年にわたるパートナーシップを締結したことを10月19日に発表した。具体的にコインベースはNBA、WNBA、NBA Gリーグ、NBA 2Kリーグ、USAバスケットボールらと、暗号資産プラットフォームを提供する契約を結んだ。