グレースケール・デジタル・ラージキャップ・ファンド、SEC報告対象企業に

グレースケール・デジタル・ラージキャップ・ファンド、SEC報告対象企業に

デジタル資産運用会社であるグレースケール・インベストメント(Grayscale Investment)のデジタル・ラージキャップ・ファンド(Digital Large Cap Fund)が、米国証券取引委員会(SEC)の報告対象企業となったことを7月12日に発表した。SEC報告企業になることで、ファンドの財務諸表や内部統制に関する監査証明が必要となる。

デジタル・ラージキャップ・ファンドは時価総額が最大の暗号資産のいくつかを加重平均して運用しているファンドだ。保有資産の大部分はビットコインとイーサリアムで、93%弱を占めているとのことだ。残り7%の保有暗号資産は、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、チェインリンク、カルダノだ。具体的な数値としては、ビットコイン(67.49%)、イーサリアム(25.35%)、カルダノ(4.30%)、ビットコインキャッシュ(1.03%)、ライトコイン(0.96%)、チェインリンク(0.87%)となっている。

グレースケール・インベストメントの法務担当副社長であるクレイグ・サルム(Craig Salm)氏は「グレースケールは、当社の商品がすでに遵守している厳格な義務に加えて、より高いレベルの情報開示と報告を投資コミュニティに提供することを目指しています。当社は投資家が望んでいることそして投資家にふさわしいと信じていることから、当社の商品をより高い基準で提供しています。

デジタル・ラージキャップ・ファンドがグレースケールの3番目のSEC報告会社となり、フォーム10を追加で提出していくことは、既存の規制枠組みの中で成長するデジタル通貨のエコシステムへのエクスポージャーを得ることに対する投資家の関心が継続していること、そして規制当局がこの資産クラスの市場参加者に引き続き関与していることを示しています」と述べている。

参考:globenewswire
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LuckyStep48・gstraub

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/7の話題】SBIが暗号資産取引所へ出資、ステーブルコインが銀行と資金移動業に制限かなど(音声ニュース)

SBI、シンガポールの大手暗号資産取引所コインハコへ出資、金融庁、日本円ステーブルコイン発行を銀行と資金移動業者に制限か=報道、FTX、暗号資産トレーディング・プラットフォーム規制に関する10原則を発表、アニモカブランズとバイナンス、約227億円のファンドを立ち上げ。ブロックチェーンゲーム支援で、【取材】メディアドゥ、NFT配布も可能なソーシャル映像視聴アプリ「GREET」提供へ、マリオット、会員向けキャンペーンでNFTプレゼント、兵庫県のサッカークラブ「FC SONHO川西」、FiNANCiEでクラブトークン発行、米コインベースプロ、暗号資産7銘柄を新規上場、NFT活用事例が学べる無料イベント12月10日開催、「NFT WEEKS TOKYO」で

Sponsored

アニモカブランズとバイナンス、約227億円のファンドを立ち上げ。ブロックチェーンゲーム支援で

香港拠点のNFTゲーム開発企業アニモカ・ブランズ(Amimoca Brands)と、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、ブロックチェーンゲームプロジェクトへの支援を目的に2億ドル(約227億円)規模のファンドを立ち上げたことが12月6日分かった

【取材】メディアドゥ、NFT配布も可能なソーシャル映像視聴アプリ「GREET」提供へ

電子書籍取次事業やNFTマーケットプレイス運営を手がけるメディアドゥが、ソーシャル映像視聴アプリ「GREET(グリート)」を12月13日より提供開始することを発表した。「GREET」は、ミュージックビデオ、ライブ映像、ショートフィルム、ライフスタイル番組などあらゆるジャンルの公式映像を、オンライン上映会で誰とでも一緒に鑑賞ができる映像視聴アプリだ。