クラーケン、XRP保有者へのソングバード(SGB)エアドロップ対応。日本ユーザーは対象外

クラーケン、XRP保有者へのソングバード(SGB)エアドロップ対応

米サンフランシスコ拠点の大手暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が、リップル(XRP)保有者に対して行われる「ソングバード:Songbird(SGB)」のエアドロップに対応することが2月19日分かった。なお日本居住者のユーザーは対象外となる。

ソングバードのエアドロップ付与対象となるのは、2020年12月12日0:00(UTC)に行われたスナップショット時点でXRPを保有していたユーザーだ。ユーザーへのSGBの配布量は、XRP:SGB = 1:0.1511の比率に基づいて計算される。

また発表によると、今回のエアドロップ対応をもってクラーケングローバルではソングバードを上場するようだ。対象サービスはKraken(販売所)およびクラーケンプロ(取引所)で、取引ペアはUSDおよびEURとなるとのこと。

ソングバードはフレア・ネットワークス(Flare Networks)の実験的ネットワークだ。そしてフレア・ネットワークスは、Ripple社がXRPレジャー上にスマートコントラクトの実装を目指し、出資を行ったプロジェクトだ。

日本国内のリップル:Ripple(XRP)を取り扱う国内事業者12社(オブザーバー1社)では、Flare Networks(フレア・ネットワークス)発行元のトークンである「スパーク:Spark(FLR)」と「ソングバード:Songbird(SGB)」について、2023年6月12日までに日本暗号資産取引業協会(JVCEA)と金融庁(FSA)に上場承認された場合に、各取引所のXRP保有の付与対象ユーザーに分配するとしている。

各取引所へ付与を行うのはFlare Networksのため、現在国内事業者はフレア・ネットワークスと協議を続けている状況だ。

関連ニュース

「Flare Networks」の暗号資産スパーク(FLR)とソングバード(SGB)、国内付与の合意条件発表

バイナンス、XRP保有者へのソングバード(SGB)エアドロップ対応

クラーケンジャパンの取引ペアが53に、「Any to Any」導入で

暗号資産取引所クラーケン(Kraken)の日本法人が国内での入出金と取引のサービス開始

暗号資産取引所Kraken(クラーケン)の日本法人が暗号資産交換業者として登録、日本で再びサービス展開

参考:クラーケン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。