バイナンス、ロシア銀行協会に加盟

バイナンス、ロシア銀行協会に加盟

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、ロシア銀行協会に加盟したことが2月18日分かった。

今回の加盟により、17日にロシア銀行協会によって設立された、デジタル金融資産およびデジタル通貨に関する専門家センターのGR(Government Relations)エキスパートセンター長に、バイナンスのオルガ・ゴンキャロワ(Olga Goncharova)氏が就任するとのことだ。

オルガ・ゴンキャロワ氏はロシア中央銀行の元幹部で、ロシアおよびCIS(独立国家共同体)の事業に関する人事として、1月にバイナンスGRディレクターに就任していた。

デジタル金融資産およびデジタル通貨に関する専門家センターは、デジタル金融資産やデジタル通貨を分析し、専門家や議員と対話することを目的に設立されたと発表されている。

また専門家センターの設立について、ロシア銀行協会評議会議長、ロシア連邦議会金融市場委員会委員長のアナトリー・アクサコフ(Anatoly Aksakov)氏は「暗号資産の規制についてバランスのとれたアプローチを形成するには、金融市場の専門家による見解が非常に不足しています」と説明している。

今年のロシア中央銀行の動きとして1月20日、同行は金融不安を招く恐れがあるとして、ロシア領内での暗号資産の取引やエネルギーを大量に消費するマイニングを制限することを提案。

これに対し29日、ロシア当局が中央銀行の暗号資産禁止提案に方針転換を求めた。

またロシア中央銀行は2月15日、中央銀行デジタル通貨(CBDC)「デジタルルーブル」のテストを開始し、送金に成功したことを発表している。

関連ニュース

ロシア中銀が「デジタルルーブル」テスト開始、送金成功を報告

ロシア当局が暗号資産規制のロードマップ作成、中銀の禁止提案に方針転換求める

ロシアで暗号資産どうなる?中銀が使用とマイニング禁止を提案

バイナンス、公式ファントークン第4弾はF1チームのアルピーヌ

バイナンスのブロックチェーン、BSCから「BNB Chain」に改名

参考:バイナンスロシア銀行協会
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Abscent84・muchomor

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も