米ワイオミング州で、米ドルステーブルコイン発行に向けた法案が提出

米ワイオミング州で、米ドルステーブルコイン発行に向けた法案が提出

米ワイオミング州議員らが、独自の米ドルペッグのステーブルコインを発行する法案を提出したことが2月17日に分かった。

法案の名称は「ワイオミング州ステーブルトークン法(Wyoming stable token act.)」。法案を提出したのはワイオミング州上院議員のクリス・ロスファス(Chris Rothfuss)氏とタラ・ネザーコット(Tara Nethercott)氏、州下院議員のマイク・イン(Mike Yin)氏とジェアード・オルセン(Jared Olsen)氏だ。

もし法案が可決されれば、今年の12月31日までにワイオミング州によるステーブルコインが販売されるようだ。一方、否決となれば、11月1日までに実現不可能な理由を詳細に説明した報告書が提出される予定だ。

この法案によれば、このステーブルコインはワイオミング州の財務局(Treasurer)によって管理されるとのこと。州の財務局だけが、ステーブルコインを発行でき、その発行総額、維持や管理、償還の方法や要件などを規定することができるという。

またこの法案では、このステーブルコイン専用の口座が開設されることになっている。ステーブルコインの発行により受け取ったすべての資金を、専用口座に預ける必要があるという。そして預けられた資金は、米国財務省証券にしか投資することができないとのことだ。

ちなみにワイオミング州はWeb3の取り組みに積極的な地域だ。2021年7月よりDAO法が施行されており、この法律によって、ワイオミング州のDAOは、有限責任会社(LLC)として登記できるようになっている。

関連ニュース

米ワイオミング州の「DAO法」、7月に施行へ

参考:ワイオミング州
デザイン:一本寿和
images:iStocks/митрий-Ларичев・Pict-Rider

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored