バイナンス、公式ファントークン第4弾はF1チームのアルピーヌ

バイナンスでアルピーヌF1チームのファントークン発行へ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、アルピーヌF1チーム(BWT Alpine F1 Team:旧ルノーF1チーム)の公式ファントークンを発行することが2月15日分かった。「バイナンスファントークンプラットフォーム(Binance Fan Token Platform)」によりトークンを発行するチームとして、初のF1チームとなった。

バイナンスは15日、アルピーヌF1チームとの提携を発表した。この提携により同チームの公式ファントークンを発行する他、アルピーヌのeスポーツチームのパートナーにもなるという。

アルピーヌF1チームファントークン(ALPINE)の発行にあたり、バイナンスのIEO(Initial Exchange Offering)プラットフォーム「バイナンスローンチパッド(Binance Launchpad)」が利用される。

なおALPINEはバイナンスの独自チェーンであるBNBチェーン(旧バイナンススマートチェーン:BSC)上に発行されるBEP-20規格のユーティリティトークンとなる。

発表によるとALPINEのトークンセールは2月16日0:00から2月21日0:00(UTC:世界協定時)までの5日間において、プラットフォームへユーザーがバイナンスコイン(BNB)を預けた比率にてALPINEが割り当てられる仕組みとなっている。最終的にALPINEが付与されるのは2月21日10:00になるとのこと。

また今回の提携を記念して、280,000ALPINEがエアドロップされるとのこと。対象者はアルピーヌF1チームのニュースレター購読者、BNB保有者、過去に「バイナンスファントークンプラットフォーム」で発行されたファントークン保有者となる。申し込みにはバイナンスのアカウントを取得する他、フォームへの必要事項記載、ツイッターフォローなどの条件があるとのことだ。

バイナンスは昨年10月よりファントークン事業に参入している。第1弾には伊セリエA加盟のサッカークラブであるSSラツィオ、第2弾はポルトガルプロサッカー1部リーグ「プリメイラリーガ」加盟のFCポルト、第3弾はブラジルプロサッカーリーグ「ブラジレイロ・セリエA」加盟のサントスFCのファントークンをそれぞれ発行している。

関連ニュース

バイナンス、セリエAラツィオのファントークン発行へ。激化するか? スポーツとトークン市場 

バイナンス、公式ファントークン第二弾はポルトガルFCポルト

アルゼンチンサッカー協会がファントークンで二重契約か、ソシオスに次いでバイナンスと提携 

チリーズの「Socios. com」がアルゼンチンサッカー協会を提訴、バイナンスとの契約で=報道 

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStock/jamesteohart

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催