バイナンス、公式ファントークン第4弾はF1チームのアルピーヌ

バイナンスでアルピーヌF1チームのファントークン発行へ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、アルピーヌF1チーム(BWT Alpine F1 Team:旧ルノーF1チーム)の公式ファントークンを発行することが2月15日分かった。「バイナンスファントークンプラットフォーム(Binance Fan Token Platform)」によりトークンを発行するチームとして、初のF1チームとなった。

バイナンスは15日、アルピーヌF1チームとの提携を発表した。この提携により同チームの公式ファントークンを発行する他、アルピーヌのeスポーツチームのパートナーにもなるという。

アルピーヌF1チームファントークン(ALPINE)の発行にあたり、バイナンスのIEO(Initial Exchange Offering)プラットフォーム「バイナンスローンチパッド(Binance Launchpad)」が利用される。

なおALPINEはバイナンスの独自チェーンであるBNBチェーン(旧バイナンススマートチェーン:BSC)上に発行されるBEP-20規格のユーティリティトークンとなる。

発表によるとALPINEのトークンセールは2月16日0:00から2月21日0:00(UTC:世界協定時)までの5日間において、プラットフォームへユーザーがバイナンスコイン(BNB)を預けた比率にてALPINEが割り当てられる仕組みとなっている。最終的にALPINEが付与されるのは2月21日10:00になるとのこと。

また今回の提携を記念して、280,000ALPINEがエアドロップされるとのこと。対象者はアルピーヌF1チームのニュースレター購読者、BNB保有者、過去に「バイナンスファントークンプラットフォーム」で発行されたファントークン保有者となる。申し込みにはバイナンスのアカウントを取得する他、フォームへの必要事項記載、ツイッターフォローなどの条件があるとのことだ。

バイナンスは昨年10月よりファントークン事業に参入している。第1弾には伊セリエA加盟のサッカークラブであるSSラツィオ、第2弾はポルトガルプロサッカー1部リーグ「プリメイラリーガ」加盟のFCポルト、第3弾はブラジルプロサッカーリーグ「ブラジレイロ・セリエA」加盟のサントスFCのファントークンをそれぞれ発行している。

関連ニュース

バイナンス、セリエAラツィオのファントークン発行へ。激化するか? スポーツとトークン市場 

バイナンス、公式ファントークン第二弾はポルトガルFCポルト

アルゼンチンサッカー協会がファントークンで二重契約か、ソシオスに次いでバイナンスと提携 

チリーズの「Socios. com」がアルゼンチンサッカー協会を提訴、バイナンスとの契約で=報道 

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStock/jamesteohart

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored