FTX、コスモス基盤のクロスチェーンDeFiハブ「Umee(UMEE)」上場へ

 FTXにUMEE上場へ

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所FTXで、暗号資産ユーミー:Umee(UMEE:ユーミー)が上場することが2月15日分かった。

FTXでは2月15日にビットトレント:BitTorrent(BTT)が上場したばかりだ。

発表によると、UMEEの取り扱いは2月16日14時(UTC:世界協定時)より取引が開始される予定で、取引ペアはUMEE/USDとなっている。

Umeeは、ブロックチェーン間を相互接続するクロスチェーンDeFi(分散型金融)ハブ。Umeeはコスモス(Cosmos)ネットワーク上に構築されており、イーサリアム(Ethereum)やソラナ(Solana)、ポリゴン(Polygon)、アバランチ(Avalanche)など30以上のブロックチェーンと互換性を持っている。またサイドチェーンやレイヤー2スケーリングソリューションとの相互接続も促進している。

現在UMEEは、暗号資産取引所ゲート(Gate.io)で取り扱われている。

関連ニュース

FTX、分散型P2Pプロトコルの「BitTorrent(BTT)」上場へ

FTX US、株取引の「FTX Stocks」を近日中に提供へ

国内初、Solana(SOL)とFTX Token(FTT)がLiquid by Quoineで上場

FTXの日本展開で、Solana(SOL)とFTX Token(FTT)国内初上場か

【速報】暗号資産取引所「FTX」、リキッド買収で日本展開へ

参考:FTX
デザイン:一本寿和
images:iStock/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ