サムスンがGalaxy S22など予約者にNFT配布へ、ThetaDropで

サムスンが自社デバイスの予約者にNFTを配布

韓国サムスン(Samsung)が、自社の新たなデバイスを事前予約したユーザーを対象に記念NFTを配布することが2月14日分かった。

今回のNFT配布対象となるのは、サムスンのスマートフォン「Galaxy S22」かタブレット端末「Galaxy Tab S8」のいずれかを事前予約したうえで購入した韓国在住のユーザーとなる。

なお各デバイスの事前予約期間は2月14日〜2月21日、記念NFTの申し込み期間は2月22日〜3月31日となる。

発表によると、記念NFTはコンピューターでランダムに生成されるジェネレイティブアートになるとのこと。配布はビデオストリーミングに特化したブロックチェーンプラットフォームであるシータネットワーク(Theta Network)のNFTマーケットプレイス「ThetaDrop(シータドロップ)」にて行われるとのことだ。

なおユーザーがNFTを獲得するためには、事前注文の期間終了後にこのプラットフォームに登録し、サムスンメンバーアプリを通じて取得したコードを認証させる必要があるという。

獲得したNFTは、申し込み期間中はロックがかけられるようで、期間終了までは内容が確認できない仕様となるようだ。期間が終了するとロック解除ができるとのことだ。

なおサムスンは2019年にシータネットワークを運営する「シータラボ(Theta Labs, Inc.)」に戦略的投資をしていた。その他サムスンのブロックチェーン領域の取り組みとして、今年1月に2022年版最新モデルのスマートテレビに、NFTプラットフォームを統合することを発表した他、メタバースプラットフォームであるディセントラランド(Decentraland)上にバーチャルストアのオープンもしている。

関連ニュース

サムスン、メタバースDecentraland上にバーチャルストア出店

サムスン、最新型TVにNFTプラットフォーム統合へ

韓国サムスン、ブロックチェーン活用の新サービス「ペーパーレス」開始

サムスンのGalaxyスマホ、他社暗号資産ハードウェアウォレットもサポート

米暗号資産取引所Gemini(ジェミナイ)がSAMSUNG(サムスン)と提携しサムスンスマホで暗号資産(仮想通貨)取引可能に

参考: Theta Network
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ivan-balvan

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察