FTXの日本展開で、Solana(SOL)とFTX Token(FTT)国内初上場か

FTXの日本展開で、国内でSolana(SOL)とFTX Token(FTT)上場か

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所大手のFTXの日本展開にあたり、暗号資産ソラナ:Solana(SOL:ソル)および、FTX Token(FTT)が国内ではじめて上場する可能性があることが分かった。

FTXは2月2日、日本の暗号資産取引所Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)の親会社であるリキッドグループ(Liquid Group Inc)の買収の契約が締結したことを発表。この買収を経てFTXの既存の日本ユーザーに対して、法令に準拠した形でサービスを提供するとしている。

買収発表とともに、FTXは既存の日本居住者ユーザーを対象にメールを送付。3月30日をもって同ユーザーをLiquid by Quoineへ移管するとし、移管期日が3月29日22:00であることが通知されている。

編集部がユーザーより入手したメールには「2022年3月26日以降、(a) BTC、ETH、BCH、XRP、BAT、LTC、XLM、FTT、SOL以外のトークンの現物取引、(b) 一切の先日付取引、及び(c) BTC、ETH、BCH、XRP、BAT、LTC、XLM、FTT、SOLのパーペチュアル以外のパーペチュアル取引、を行うことはできません(原文ママ)」と記載があり、また「※BAT、LTC、XLM、FTT、SOLのパーペチュアルに関しましては、現在日本暗号資産取引業協会へ取扱申請手続き中です」と記載があった。

以上の内容から、FTXが3月26日以降に国内でSOLおよびFTTの上場を進めていることがわかる。

なお現在リキッドバイコインでは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、リップル(XRP)、キャッシュ(QASH)にライトコイン(LTC)、ステラルーメン(XLM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)の合計8銘柄を取り扱っている。

移管について

メールにはその他、移管にあたり2月7日にアカウントの更新方法を案内することや、移管したユーザーは3月22日以降、法令に基づき2倍を超えるレバレッジ取引ができないこと、 移管期日の22:00までにFTXの未約定の注文はすべて取り消され、それ以降新規注文の受け付けができないことが記されている。

また期日までにKYCが完了している場合、現物はBTC、ETH、BCH、XRP、BAT、LTC、XLM、FTT、SOLのみが移管し、その他すべての現物残高はFTX、Quoine及び第三者のカストディアンが別個に秘密鍵を管理するマルチシグネチャーウォレットに移管され、移管期日以降、かかる資産の引き出しのみ行うことができるとのこと。

またデリバティブについては、パーペチュアルがBTC、ETH、BCH、XRP、BAT、LTC、XLM、FTT、SOLのみ移管。その他パーペチュアルと先物については、利益又は損失の有無にかかわらず、移管期日に強制的にクローズ。レバレッジド・トークン、トークン化された株式及び予測市場トークンについては、移管期日に強制的にクローズし、米ドルに清算したうえで、Quoineに移管されるという。

対象となるユーザーは、これら移管にあたり対象通貨以外の資産の移行など行う必要がある。しかし現在FTXに日本居住者ユーザーはログインできない状況だ。FTXの今後の続報を待つばかりだ。

関連ニュース

暗号資産取引所「FTX」、リキッド買収で日本展開へ

【解説動画】時価総額5位に大躍進した「ソラナ(SOL)」とは?(Solana Foundation ビール依子氏)

デザイン:一本寿和
images:iStocks/dalebor

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【取材】zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored