「Flare Networks」の暗号資産スパーク(FLR)とソングバード(SGB)、国内付与の合意条件発表

スパーク(FLR)とソングバード(SGB)付与条件合意について発表

暗号資産リップル:Ripple(XRP)を取り扱う国内暗号資産(仮想通貨)取引所における、Flare Networks(フレア・ネットワークス)発行元のトークン「スパーク:Spark(FLR)」と「ソングバード:Songbird(SGB)」の付与に関する合意条件が発表された。10月12日16:00の時点でビットバンク(bitbank)とSBI VCトレードが発表したのを確認した。

今回発表された合意条件は以下。
(1)FLRトークンについては、2023年6月12日までに日本暗号資産取引業協会(JVCEA)と金融庁(FSA)に上場承認された場合、当該国内事業者はFLRトークンを請求しリップル(XRP)保持者(当該各取引所のXRP保有の付与対象ユーザー)に分配する。
(2)SGBトークンについては、FLRトークンがJVCEAとFSAに上場承認された場合に、Flare Networksから当該の国内取引所に対して付与する。

また発表によると2022年6月12日だった上場承認期限はFlare Networksとの交渉の結果、2023年6月12日までの1年間延長となったとのことだ。

なお両社を含めた国内事業者12社(オブザーバー1社)は、顧客資産保護、顧客メリット最大化を目的に、Flare Networksと引き続き協議を続けているとのこと。

Flare Networksは、Ripple社がXRPレジャー上にスマートコントラクトの実装を目指し、出資を行ったプロジェクトだ。Flare Networksは昨年8月にネイティブ及びガバナンストークンであるFLRをXRPと同量発行してXRP保有者に1:1の割合でエアドロップ(付与)することを発表。2020年12月12日グリニッジ標準時00:00(日本時間午前9時)時点におけるXRP保有量に対するスナップショット(権利確定日)に基づいて段階的に付与が行われる。

受取対象のXRP保有者はFlare Networksのネットワーク実装後、まずXRP保有量の15%相当のFLRが付与され、その後残りの85%は最低25ヶ月、最大34ヶ月の期間にわたり、毎月平均で3%のトークンが付与される。

またSGBはFlare Networksのテストネットとなるソングバードのネイティブトークンだ。FLR付与対象者に対してエアドロップされる予定となっている。

関連ニュース

SBI VCトレードがFlare Networks(フレア・ネットワークス)のトークン付与への対応を検討

参考:ビットバンクSBI VCトレード
デザイン:一本寿和
images:iStocks/wacomka

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【10/27の話題】アドビPhotoshopでNFTの真正性示す情報付与が可能に、テスラがBTC決済の再開の意向など(音声ニュース)

アドビ「Photoshop」でNFTの真正性示す情報付与が可能に、OpenSeaらNFTマーケットプレイスと提携、テスラ、ビットコイン決済の再開の意向を示す、【取材】電通国際情報サービスとKyuzan、NFTマーケットプレイス構築やメタバース活用に向け共同研究開始、【取材】暗号屋、NFT所有者だけがコンテンツを楽しめるメディアプロトコル「VWBL / ビュアブル」発表、米コインリストが約114億円調達、アジア利用者数も1年間で62倍に増加、セリエA「ナポリ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、グラファイトのサプライチェーンをブロックチェーンで、サーキュラーとアービックス

【10/26の話題】マスターカードとバックトがCaaS提供へ、ビットポイントがジャスミーとポルカドット上場など(音声ニュース)

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ、約4兆円運用の韓国公的基金、来年からビットコインETFへ投資を計画か、【取材】ビットポイント、ジャスミー(JMY)を国内初上場、ポルカドット(DOT)も、1921点の重要文化財をNFT化へ、奈良県博物館「唐古・鍵 考古学ミュージアム」、福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ、博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始、バイナンスNFT、競馬ゲーム「DeRace」のイニシャルゲームオファリング(IGO)実施へ、ナイジェリア、中銀デジタル通貨「eナイラ」ローンチ、中国大手eコマース「JD. COM」、記念NFTを初リリース