SBI VCトレードがFlare Networks(フレア・ネットワークス)のトークン付与への対応を検討

SBI VCトレードがFlare Networks(フレア・ネットワークス)のトークン付与への対応を検討

国内暗号資産(仮想通貨)取引所SBI VC Tradeが、暗号資産リップル(XRP)保有者に対するFlare Networks(フレア・ネットワークス)のSpark(スパーク)トークンの付与について、その取り扱いを検討していることを9月4日に発表した。

Flare NetworksはProof of Stakeを用いずにXRPのスマートコントラクトの実装を目指すプロジェクト。このプロジェクトはXRPの発行者であるRipple社から支援を受けている。

Flare Networksは、ネイティブトークンであるSparkをXRPと同量発行してXRP保有者に1:1の割合でエアドロップすることを今年8月に発表している。FlareNetworkによると、このSparkはFlare Network上のガバナンストークンとして利用できるとのこと。

SparkトークンのエアドロップはFlare Networkに申請を行うことで受け取り可能であるが、多くのXRP保有者は取引所にXRPを保管しているため、そのようなXRP保有者がSparkを受け取るためには取引所自体がエアドロップに対応する必要がある。

そこでSparkのエアドロップに対応する取引所が増えており、その流れを受けて今月4日にSBI VC Tradeが対応を検討していることを発表した。日本の取引所ではすでにbitbankが対応を検討していると発表している。

編集:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/sittipong-phokawattana)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/18話題】テザーゴールド裏付けの米ドルステーブルコインaUSDT、SNPITのSNPTがGate. ioとMEXCに上場へなど

テザー社、金裏付けの米ドルステーブルコイン「aUSDT」発表、オーストラリア証券取引所、VanEckの「ビットコイン現物ETF」取扱へ、Doodlesのアバター作成プラットフォーム「stoodio」、イーサL2「Base」に移行へ、日本発Snap to Earn「SNPIT」のトークン「SNPT」、Gate. ioとMEXCに上場へ、アニモカジャパン、NFTローンチパッド「SORAH」提供開始、バイナンスにZKsync(ZK)上場へ、ユニスワップ、イーサリアムL2「ZKsync」で稼働開始、台湾、暗号資産業界の自主規制団体「台湾暗号資産ビジネス協会」を正式始動、ビットコインL2「スタックス(STX)」、ブロック生成で約9時間の遅延発生、金融庁、無登録運営で「LBank Exchange」に警告、インターネットコンピューターの支援団体「ICP Japan」発足、ローンチイベント6/29開催

Sponsored