SBI VCトレードがFlare Networks(フレア・ネットワークス)のトークン付与への対応を検討

SBI VCトレードがFlare Networks(フレア・ネットワークス)のトークン付与への対応を検討

国内暗号資産(仮想通貨)取引所SBI VC Tradeが、暗号資産リップル(XRP)保有者に対するFlare Networks(フレア・ネットワークス)のSpark(スパーク)トークンの付与について、その取り扱いを検討していることを9月4日に発表した。

Flare NetworksはProof of Stakeを用いずにXRPのスマートコントラクトの実装を目指すプロジェクト。このプロジェクトはXRPの発行者であるRipple社から支援を受けている。

Flare Networksは、ネイティブトークンであるSparkをXRPと同量発行してXRP保有者に1:1の割合でエアドロップすることを今年8月に発表している。FlareNetworkによると、このSparkはFlare Network上のガバナンストークンとして利用できるとのこと。

SparkトークンのエアドロップはFlare Networkに申請を行うことで受け取り可能であるが、多くのXRP保有者は取引所にXRPを保管しているため、そのようなXRP保有者がSparkを受け取るためには取引所自体がエアドロップに対応する必要がある。

そこでSparkのエアドロップに対応する取引所が増えており、その流れを受けて今月4日にSBI VC Tradeが対応を検討していることを発表した。日本の取引所ではすでにbitbankが対応を検討していると発表している。

編集:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/sittipong-phokawattana)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【11/26の話題】メタバースのZEPETOがLINEブロックチェーン活用、クリスティーズとOpenSeaが共同でNFTオークションなど(音声ニュース)

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ、クリスティーズとOpenSea、共同でNFTオークション実施へ、バイナンス、NFTゲームプラットフォームの「VulcanForged PYR(PYR)」を上場へ、ビットバンク、チェーンリンク(LINK)上場へ、日本取引所グループが新会社「JPX総研」設立へ、ブロックチェーンなど環境変化に対応、アニモカブランズ、ゲーマーにウォレット提供の合弁会社設立へ。暗号資産カストディ企業Hex Trustと

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ

LINEの暗号資産・ブロックチェーン関連事業を展開するLVCが、メタバースプラットフォーム「ゼペット(ZEPETO)」から販売されるNFTの基盤技術に「LINE Blockchain」が採用されたことを11月26日に発表した。なおCryptoGames(クリプトゲームス)運営の「NFT Studio」がこのNFTの販売プラットフォームとなる。

【11/25の話題】米Arcaが約35億円規模NFTファンド、米コインベースのBRD買収など(音声ニュース)

米Arca、約35億円規模NFT特化ファンド立ち上げ、米コインベース、暗号資産ウォレット提供「BRD」を買収へ、Foldと「ポケモンGO」のNianticが提携、AR世界でビットコインが獲得できる「Fold AR」発表、円建て民間デジタル通貨「DCJPY」、22年実用化目指し実証実験へ、GMOコイン、モナコイン(MONA)上場へ、仏サッカー「ASモナコ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、地域プロ野球リーグ「九州アジアプロ野球機構」、FiNANCiEでトークン発行