イーサリアム、テストネット「Kiln」でPoS移行作業「The Merge」を実施

イーサリアム、テストネットでのPoSへの移行に成功

イーサリアム財団(Ethereum Foundation)が、イーサリアムのテストネットであるキルン(Kiln)の立ち上げと、同テストネットにて「マージ(The Merge)」と呼ばれる移行作業の実施を3月14日に発表した。

マージとは、イーサリアムにおけるコンセンサスアルゴリズムをPoW(Proof of Work)からPoS(Proof of Stake)へ移行するアップグレードのことを指す。イーサリアム財団はイーサリアムのPoWからPoSへの移行に向けて準備を進めており、昨年12月にはキンツギ(Kintsugi)と呼ばれるテストネットをローンチし、そこでマージに関わる多様なテストを行ってきた。

今回イーサリアム財団は、キンツギの後継となるキルンをローンチし、キルンにおいてマージを実行したとのこと。イーサリアム開発者のティム・ベイコ(Tim Beiko)氏によると、キルンのマージ後にブロックが生成され、トランザクションが含まれていることを確認できたとのことだ。ただし、特定のクライアントがブロックを生成できないなどの問題が見つかったため、現在その原因を調査しているとのこと。

https://twitter.com/TimBeiko/status/1503756418788298756

イーサリアム財団によると、キルンはイーサリアムのパブリックテストネットにおいてマージが実行される前の最後のテストネットになるとのことだ。そのため、アプリやツールの開発者に対してキルン上でテストを行うことを強く推奨している。

今後キルンにおいて大きな問題が見つからなければ、ゴエリ(Goerli)やロップステン(Ropsten)などの既存のテストネットでマージが実行される予定だ。そこでも問題が見つからなければ、イーサリアムのメインネットのマージに移るとのこと。したがって、現時点ではメインネットにおけるマージの実行時期については未定とのことだ。

ちなみにキンツギは日本の茶器修復技法である金継ぎに由来しており、キルンは英語で「レンガでできた窯」を意味しているという。

関連ニュース

イーサリアム財団、日本の5プロジェクトに助成金 

イーサリアムL2技術開発のStarkWare、116億円調達か

イーサリアムとは? 分散化したエコシステムと組織(イーサリアム財団 宮口あや インタビュー 前編) 

コンセンシスが約530億円調達、テマセク、ソフトバンク、マイクロソフトらから

「Aptos」がa16zらから約230億円調達、創業者はDiemチームメンバーら 

参考:Ethereum Foundation Blog
デザイン:一本寿和
images:iStocks/SiberianArt・artacet

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【6/29話題】ArthSwap厳しい滑り出し、クラーケンJPが元素騎士メタバース上場など(音声ニュース)

アスターのDEX「ArthSwap(ARSW)」厳しい滑り出し、CEX上場後に価格急落、国内初、クラーケンジャパンが元素騎士メタバース(MV)取り扱い開始、米コージェント銀行、ブロックチェーンでの決済サービス導入、米サークルとNYCB、カストディパートナー契約、カストディの「PolySign」約72億円調達、機関投資家向けサービス強化へ、投資企業サイファーパンク、ビットコインとイーサ全て売却、ロビンフッドで「チェーンリンク(LINK)」上場、JASRACが楽曲情報管理にブロックチェーン、「KENDRIX」、ゴールドマンサックス、コインベース株の投資判断「売り」に=報道、クリプトスペルズが「TCG-verse」へ、「Oasys」のL2に独自チェーン開発、、ディープコイン(DEP)、フォビグローバルに上場へ、コイントレードがカルダノ(ADA)、パレットトークン(PLT)、アイオーエスティー(IOST)取扱いへ、ペルシジャジャカルタ、「Socios. com」でファントークン発行へ

Sponsored