イーサリアムL2技術開発のStarkWare、116億円調達か

イーサリアムL2技術開発のスタークウェアが116億円調達、評価額急増

イーサリアムのレイヤー2スケーリングソリューション開発を行うイスラエルのスタークウェア(StarkWare)が、新たに資金調達を行っていると、地元メディア「カルカリスト(Calcalist)」が3月10日に報じた。

報道によると、スタークウェアの評価額は60億ドル(約6980億円)で、今回のラウンドで少なくとも1億ドル(約116億円)を調達しているとしている。なお、出資者については明らかにされていない。

スタークウェアは昨年11月にシリーズCラウンドで5000万ドル(約57億円)の資金調達を行っており、当時の評価額は20億ドル(約2,300億円)であった。この資金調達はセコイア・キャピタル(Sequoia Capital)が主導し、パラダイム(Paradigm)、スリー・アローズ・キャピタル(Three Arrows Capital)、アラメダ・リサーチ(Alameda Research)などが参加した。なおイーサリアム創始者のヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏もシードでスタークウェアに出資している。

シリーズCラウンドと比較すると、今回の調達ではスタークウェアの評価額は4か月で3倍に拡大したことになり、同社への注目度の上昇がうかがえる。

スタークウェアはゼロ知識証明を活用したブロックチェーンのスケーリングソリューションを開発する企業だ。ゼロ知識証明により、数百のトランザクションを1つに統合することで、ガス代を大幅に削減することを目指している。同社の技術はdYdX、Sorare、Immutable Xなどのブロックチェーンプラットフォームで利用されている。

関連ニュース

イーサリアムのレイヤー2開発StarkWareが57億円調達、評価額は2,300億円

イーサリアムL2スケーリングソリューションを開発するスタークウェア(StarkWare)が7,500万ドル調達

【取材】ステイクのアスター(ASTR)、米コインベースから資金調達

セコイアが約600億円規模のWeb3ファンド立ち上げ、主にトークンで出資 

米デジタル資産カストディFireblocks、約5.5億円の資金調達 

参考:Calcalist
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【3/20話題】コインベースが米国以外でグローバル顧客向けサービス検討か、クリプトドットコムがドバイでMVP準備ライセンスなど(音声ニュース)

米コインベース、米国以外でグローバル顧客向け暗号資産取引サービス検討か=報道、米ステートストリート、英カストディ企業Copperとの業務提携を終了=報道、暗号資産ETP提供の21Shares、需要の低い6商品を提供停止へ=報道、クリプトドットコム、ドバイで暗号資産事業のMVP準備ライセンス取得、クラーケンにDeFiの「GMX(GMX)」上場へ、アービトラムが独自トークン「ARB」発行へ、DAO運営移行で

Sponsored

【3/17話題】イーサリアム「Shapella」のメインネット実装日、フィナンシェがHORIE MOBILEと事業連携など(音声ニュース)

イーサリアム次期大型アップグレード「Shapella」、メインネット実装日が4月12日に合意、Oasys(OAS)のNFTプロジェクト「OASYX」、「バーチャファイター」シリーズ3作とコラボ決定、ビットフライヤーにパレットトークン(PLT)上場へ、国内5例目、オーケーコインジャパンにポリゴン(MATIC)上場へ、ERC20とネイティブトークンで、ユニスワップV3がBNBチェーンで稼働開始、アバランチ展開も可決へ、FDICがSV銀行とシグネチャー銀行の入札日を設定、買い手には暗号資産事業の破棄要求か=報道、インド中銀とUAE中銀がCBDC実験へ、2国間ブリッジなど実施へ、スタークネット、初のガバナンス投票を実施へ、モノバンドル、ブロックチェーン技術者向けプラットフォーム「Blockchain Hacklab」提供開始、レコチョク、「レコチョクNFTチケット」提供へ、フィナンシェトークン(FNCT)、ステーキングを4月3日から提供開始、フィナンシェが堀江貴文の「HORIE MOBILE」と事業連携、「FiNANCiE」でトークン発行も、東南アジア初のプロ野球リーグ設立手掛ける「カルピース」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored