デジタル不動産プラットフォームRoofstock、ソフトバンクやベイン・キャピタルから約280億円調達

ルーフストックがソフトバンクらから約280億円調達

デジタル不動産取引プラットフォームを提供する米ルーフストック(Roofstock)が、シリーズEラウンドにて2億4000万ドル(約280億円)を調達したことが3月10日に分かった。

ルーフストックは主に一軒家の賃貸物件を対象とした不動産投資プラットフォームを提供している。デジタル上での取引を実現することにより、従来は煩雑なプロセスを踏む必要があった賃貸契約を簡易化し、地理的に制限のない不動産取引を可能にすることを目指している。同プラットフォームでの取引は累計で50億ドルを突破しているとのこと。

今回行われたシリーズEラウンドは、ソフトバンク・ビジョンファンド2が主導し、コースラ・ベンチャーズ(Khosla Ventures)、ライトスピード・ベンチャー・パートナーズ(Lightspeed Venture Partners)、ベイン・キャピタル・ベンチャーズ(Bain Capital Ventures)など計17の投資家が参加した。同社の評価額は19億4000万ドル(約2250億円)に達したとのことだ。

ルーフストックのCEOゲイリー・ビースリー(Gary Beasley)は以下のようにコメントしている。

「一戸建て物件を根本的にアクセスしやすい資産クラスにするというビジョンを共有する、新規および既存の投資家や関係者からの継続的な支援に感謝しています。ソフトバンクのパートナーを迎え、この野心的な旅に参加できることを、これ以上ないほど嬉しく思います」

またソフトバンク・インベストメント・アドバイザーズのセリーナ・ダイヤル(Serena Dayal)氏は以下のようにコメントしている。

「不動産は巨大な資産クラスでありながら、これまでテクノロジーとの融合がされておらず、その結果、アナログで非効率なものになっていました。ルーフストックは賃貸住宅の購入と投資をシームレスかつ身近なものにしているため、このプラットフォームに大きなチャンスがあると考えました」

ビースリー氏のブログによると、今回調達した資金は既存サービスの機能強化やチーム拡大、次世代テクノロジーの研究開発に使用されるとのこと。特にルーフストックの研究開発機関であるルーフストック・ラボはペンシルベニア大学のブロックチェーン研究プログラムであるサイファー・アクセラレーター・プログラムにも採択されており、ブロックチェーンを活用した新しい製品の開発を進めているとのことだ。

関連ニュース

B2B決済提供のトライバルクレジットが約69億円調達、ソフトバンク主導

「FTX US」がソフトバンクらから約460億円調達、米国市場本格参入へ

ソフトバンクら、メタバースNFTゲーム企業「The Sandbox」に約105億円出資 

米NFT企業キャンディデジタル、ソフトバンクらから約114億円調達。評価額約1,700億円に

【取材追記】ソフトバンクやSBIら、暗号資産マネロン対策ツール提供「Elliptic」に出資 

参考:Roofstock
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Sergey-Khakimullin・artacet・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【取材】zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored