イーサリアムL2スケーリングソリューションを開発するスタークウェア(StarkWare)が7,500万ドル調達

イーサリアムL2スケーリングソリューションを開発するスタークウェア(StarkWare)が7,500万ドル調達

イーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションを開発するスタークウェア・インダストリーズ(StarkWare Industries)がシリーズBラウンドにて7,500万ドル(約82億円)を調達したことを3月25日に発表した。

スタークウェアはイスラエルを拠点とするブロックチェーン企業であり、主にイーサリアムのスケーリングソリューションおよびセキュリティソリューションの開発を行っている。具体的には計算作業をオフチェーン化することでトランザクションの処理速度を向上させるカイロ(Cairo)や、ゼロ知識証明スターク(STARK)を利用したZKロールアップ(ZK-Rollup)であるスタークネット(StarkNet)の開発などを進めている。

今回の資金調達ラウンドは暗号資産系ベンチャーキャピタルであるパラダイム(Paradigm)が主導し、他にセコイア(Sequoia)、ファウンダーズファンド(Founders Fund)、パンテラ(Pantera)、スリーアローズ(Three Arrows)、アラメダ・リサーチ(Alameda Research)の5社が参加した。

ブロックチェーンメディアThe Blockによると、パラダイムの共同創業者であるマット・ファン(Matt Huang)氏は「スタークウェアは極めて重要な問題に取り組みながら驚異的な成長を遂げるワールドクラスのチームであり、パラダイムがパートナーとして求める企業の象徴となっています」と述べている。

参考:StarkWare ・The Block

(images:iStocks/primo-piano)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ