ゴールドマンサックスがビットコイン価格に連動しうる仕組債募集をSECに申請

ゴールドマンサックスがビットコイン価格に連動しうる仕組債募集をSECに申請

米ゴールドマンサックスがビットコイン価格に関連しうる仕組債「autocallable contingent coupon ETF-linked notes due 2026」を約17億円(1,570万ドル)で募集する予定であることが米証券取引委員会(SEC)へ提出した書類によって明らかになった。この仕組債は発行体により2026年の償還日前に早期償還される可能性があるものとなっている。

ビットコイン価格に関連する債券となるのは、アメリカのARK Innovation ETFのパフォーマンスに依存する形をとるからだ。ARK Innovation ETFは資産運用会社ARK Investment Managementが提供する運用するファンドで、ビットコインやブロックチェーン関連企業に投資する可能性が見込まれている。ARK Investment Managementは2021年2月の総運用資産は約5兆2,000億円(約500億ドル)とのことだ。

参考:Goldman Sachs

(images:iStocks/LongQuattro・Rawpixel・gstraub)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事