セコイアが約600億円規模のWeb3ファンド立ち上げ、主にトークンで出資

セコイアが約600億円規模のWeb3ファンド立ち上げ

米セコイアキャピタル(Sequia Capital)が、約600億円規模のWeb3特化ファンド「セコイア・クリプト・ファンド(The Sequoia Crypto Fund)」を立ち上げたことが2月17日に分かった。

セコイアキャピタルは2015年から株式とトークンの両方の方で暗号資産関連の企業に投資を行ってきている。ちなみに昨年は、米国と欧州における新規投資のうち20%が暗号資産系企業だったとのことだ。セコイアキャピタルの投資先には、FTX、ファイヤーブロックス(Fireblocks)、スタークウェアー(StarkWare)などがある。

そして今回立ち上げた「セコイア・クリプト・ファンド」はトークンでの調達が主となるようだ。またファンドの目標は、より積極的にプロトコルに参加し、トークンのみのプロジェクトをより良くサポートし、自ら実践して学んでいくことだという。

またこのクリプトファンドを立ち上げた背景として「私たちは過去5年間、株式とトークンの両方に投資してきましたが、多くの人が、トークンのステーキング、流動性の提供、ガバナンスへの参加、プラットフォームを通じての取引など、トークンの管理においてより積極的な役割を果たすよう求めてきました」と説明されている。

今後「セコイア・クリプト・ファンド」は、トークンのステーキング、流動性の提供、ガバナンスへの参加、トレードを始める方針だという。

「セコイア・クリプト・ファンド」の設立に際して、セコイアキャピタルのパートナーであるショーン・マグワイア(Shaun Maguire)氏はメディア「The Block」に暗号資産の今後の展望について、「まだ絶対的な始まりの段階です。暗号資産は今後20~30年で最大のメガトレンドになるでしょう」とし、またプロトコルの展望については「Terra、Avalanche、NEAR、Polkadot、Cosmosなどのネットワークで開発者の活動を監視していますが、Solanaのように成功の兆しが見えているネットワークはまだ存在していません」と話している。

参考:セコイアキャピタル
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Aramyan・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【8/17話題】FRBが銀行向けに暗号資産のガイダンス、Jump Cryptoがソラナのバリデータクライアント開発など(音声ニュース)

米FRB、暗号資産業務を検討する銀行向けにガイダンス発表、Jump Crypto、ソラナ(SOL)のバリデータクライアント開発へ、【取材】暗号資産決済導入を簡単に、「Slash Web3 Payment」メインネットローンチ、住友商事、ブロックチェーン活用の金属資源貿易PFを商業利用へ、美ら海ゴミゼロプロジェクト、FiNANCiEでトークン発行、【レポート】IOSTと⼤学研究室がweb3サマースクール開催、ブロックチェーン技術の教育と⼈材育成に貢献、アスターネットワーク(ASTR)が日本で「Astar Week」開催。VC、暗号資産取引所、web3スタートアップら集う

Sponsored

ジャンプクリプトがソラナのバリデータークライアント開発へ

米シカゴ拠点のブロックチェーンインフラ開発組織であるジャンプクリプト(Jump Crypto)が、ソラナネットワーク(Solana Network)用の新しいオープンソースバリデータクライアントの開発開始を8月17日発表した。ソラナネットワークのスループット(データ処理能力)と信頼性を高める取り組みとのこと。

【8/16話題】LINEのリンクがMEXCで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券がCordaで発行など(音声ニュース)

LINEの暗号資産「リンク(LN)」、MEXC Globalで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券「ネクスペイ」、Cordaで発行、ポリゴン(MATIC)とボラ(BORA)が連携、クロスチェーン環境構築へ、イーサリアムL2開発StarkWare、新たにスケーリング技術「Recursive Proving」発表、ビットバンク、Flare Networksのエフエルアール(FLR)上場へ、クラーケングローバル、Kusamaパラチェーン「Basilisk(BSX)」上場、Liquid by FTX、キャッシュ(QASH)とステラルーメン(XLM)上場廃止へ、米コインベース、Celer Network(CELR)上場へ、ビットバンク、対ビットコイン(BTC)取引ペア全銘柄取扱終了へ、バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業の予備ライセンス取得、クリプトドットコム、カナダで暗号資産事業者の事前承認取得

Sponsored