アニモカブランズ、モータースポーツゲーム開発会社を買収

アニモカブランズ、モータースポーツゲーム開発会社買収

ブロックチェーンゲーム開発やNFT分野への投資を行うアニモカブランズ(Animoca Brands)が、モータースポーツゲーム開発のグリース・モンキー・ゲームズ(Grease Monkey Games)を買収したことが2月17日分かった。なお今回の買収額は明らかにされていない。

グリース・モンキー・ゲームズはオーストラリアのメルボルンを拠点とし、ホンダや日産、トヨタなどのグローバルな自動車メーカーにサービスを提供するゲーム開発会社兼パブリッシャー。モバイルとPCでは、4500万回以上ダウンロードされた自社オリジナルIPゲームも開発しており、現在は新しくメジャーなモータースポーツのゲームタイトルを開発中だ。

アニモカブランズは今回の買収について「グリース・モンキー・ゲームズはブロックチェーンの統合、ファンジブルトークン、NFT、Play-to-Earn(P2E/遊んで稼ぐ)機能、シナジーの機会、製品発売に取り組む」とし、「特にアニモカ・ブランズのP2EモータースポーツゲームREVV モータースポーツ(REVV Motorsport)のエコシステムに関する取り組みを調整するためにアニモカブランズと緊密に連携する予定」と発表にて説明している。

なおグリース・モンキー・ゲームズの経営陣は、買収後も同社の運営を継続するとのことだ。

今月15日にアニモカブランズは、ベンチャーアクセラレーターのブリンク(Brinc)と提携し、P2E形式のゲーム開発スタートアップを通じて、ゲームプレイヤーなど多くの人が収入を得ることを目的とする、約35億円規模の「ギルド・アクセラレーター・プログラム(Guild Accelerator Program)」を立ち上げた。

また同日、日本に戦略的子会社「Animoca Brands株式会社(Animoca Brands Japan)」の設立を発表した。そして同子会社は今年1月にシードラウンドで約11億円の資金調達をしたことも併せて発表している。

関連ニュース

アニモカブランズとBrinc、ギルド・アクセラレータープログラム立ち上げ

アニモカブランズが日本進出、新子会社がシードラウンドで11億円調達

アニモカブランズ、タツノコプロ「黄金戦士ゴールドライタン」のNFTグローバルライセンス取得

アニモカブランズ、SUPERPLASTICとメタバース体験提供で提携。NFT「Headtripz」リリースで協力

アニモカブランズが約410億円調達、評価額は約5,720億円に

参考:アニモカブランズ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/pgraphis・LeArchitecto

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored