アニモカブランズが約410億円調達、評価額は約5,720億円に

アニモカブランズが約410億円調達

NFTゲーム開発企業のアニモカ・ブランズ(Animoca Brands)が、約410億円(約3億5,900万ドル)の資金調達を完了したことが1月18日に分かった。これにより同社の評価額は約5,720億円(50億ドル)となったとのこと。

アニモカ・ブランズは、ブロックチェーンとNFTを利用して、主にゲームのプレイヤーやメタバースのオンラインユーザーにコンテンツを提供する企業だ。オープンシー(OpenSea)やダッパー・ラボ(Dapper Labs)、イールド・ギルド・ゲームス(Yield Guild Games)、スター・アトラス(Star Atlas)、アクシー・インフィニティ(Axie Infinity)など、世界で注目されているNFT及びメタバース関連企業150社以上に対して積極的に投資も行っている。

発表によると今回の資金調達ラウンドはリバティ・シティ・ベンチャーズ(Liberty City Ventures)が主導し、10T・ホールディングス(10T Holdings)、C・ベンチャーズ(C Ventures)、デルタ・ファンド(Delta Fund)、ジェミナイ・フロンティア・ファンド(Gemini Frontier Fund)、ゴビ・パートナーズ・グレーター・ベイエリア(Gobi Partners Greater Bay Area)、キングスウェイ(Kingsway)、セコイア・チャイナ(Sequoia China)、パラファイ・キャピタル(ParaFi Capital)、スマイル・グループ(Smile Group)、ワイルドキャット・キャピタル・マネージメント(Wildcat Capital Management)、ウィンクルボス・キャピタル(Winklevoss Capital)などの投資家が参加したとのこと。

なお調達した資金は、戦略的投資・買収、新規プロダクト開発、人気の高いコンテンツライツ(IP)の取得に使用していくとのことだ。

アニモカ・ブランズは昨年7月1日に企業評価額約1,110億円で資金調達を行い、10月20日には企業評価額約2,500億円で資金調達を行なった。昨年7月から今年1月の半年間で企業評価額を約5倍にしたこととなる。

また今回の発表同日の18日にアニモカ・ブランズは、ソラナ(Solana)上に構築された分散型NFTオークションプロトコルであるバート・ファイナンス(Burnt Finance)の資金調達ラウンドを主導したことも発表している。

関連ニュース

【速報】NFTゲーム開発でユニコーン企業に、アニモカ・ブランズが約99億円の資金調達(共同創業者兼会長Yat Siu取材)

【取材】NFTゲームのアニモカブランズが約74億円調達、3ヶ月で企業評価額が倍に

アニモカ、BSC、ポリゴンら、NFTデータアグリゲーターCryptoSlamへ約10億円出資

参考:アニモカブランズバートファイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artacet・peshkov

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【8/17話題】FRBが銀行向けに暗号資産のガイダンス、Jump Cryptoがソラナのバリデータクライアント開発など(音声ニュース)

米FRB、暗号資産業務を検討する銀行向けにガイダンス発表、Jump Crypto、ソラナ(SOL)のバリデータクライアント開発へ、【取材】暗号資産決済導入を簡単に、「Slash Web3 Payment」メインネットローンチ、住友商事、ブロックチェーン活用の金属資源貿易PFを商業利用へ、美ら海ゴミゼロプロジェクト、FiNANCiEでトークン発行、【レポート】IOSTと⼤学研究室がweb3サマースクール開催、ブロックチェーン技術の教育と⼈材育成に貢献、アスターネットワーク(ASTR)が日本で「Astar Week」開催。VC、暗号資産取引所、web3スタートアップら集う

Sponsored

ジャンプクリプトがソラナのバリデータークライアント開発へ

米シカゴ拠点のブロックチェーンインフラ開発組織であるジャンプクリプト(Jump Crypto)が、ソラナネットワーク(Solana Network)用の新しいオープンソースバリデータクライアントの開発開始を8月17日発表した。ソラナネットワークのスループット(データ処理能力)と信頼性を高める取り組みとのこと。

【8/16話題】LINEのリンクがMEXCで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券がCordaで発行など(音声ニュース)

LINEの暗号資産「リンク(LN)」、MEXC Globalで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券「ネクスペイ」、Cordaで発行、ポリゴン(MATIC)とボラ(BORA)が連携、クロスチェーン環境構築へ、イーサリアムL2開発StarkWare、新たにスケーリング技術「Recursive Proving」発表、ビットバンク、Flare Networksのエフエルアール(FLR)上場へ、クラーケングローバル、Kusamaパラチェーン「Basilisk(BSX)」上場、Liquid by FTX、キャッシュ(QASH)とステラルーメン(XLM)上場廃止へ、米コインベース、Celer Network(CELR)上場へ、ビットバンク、対ビットコイン(BTC)取引ペア全銘柄取扱終了へ、バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業の予備ライセンス取得、クリプトドットコム、カナダで暗号資産事業者の事前承認取得

Sponsored