米コインベースにStacks(STX)上場

米コインベースでSTX上場

米ナスダック上場の暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)の販売所サービス「Coinbase.com」で、新たに暗号資産スタックス:Stacks(STX)が上場することが1月19日分かった。

また同社提供の個人トレーダー向けプラットフォーム「コインベース・エクスチェンジ(CoinbaseExchange:旧Coinbase Pro)」でもSTXの取り扱いを開始する。

なおコインベースが新規銘柄を上場するのは、1月13日に上場したインバースファイナンス:Inverse Finance(INV)、リクイティ:Liquity(LQTY)、ポリスワーム:Polyswarm(NCT)、プロピー:Propy(PRO:プロ)の4銘柄以来となる。

発表によると「Coinbase.com」では既にSTXの取引は可能で、「コインベース・エクスチェンジ」での取引は流動性条件が満たされ次第1月19日中に開始される予定となっている。

また両サービス共に、米コインベースのサービス対象全地域で対応するとのことだが、日本は対象外だ。

「コインベース・エクスチェンジ」でのSTXとの取引ペアはSTX-USD、STX-USDT、およびSTX-EURとなるようだ。

スタックスは、スマートコントラクトをビットコインに導入することを目的としたブロックチェーン。ネイティブトークンであるSTXを一時的にロックし、ネットワークのセキュリティとコンセンサスをサポートすることで、報酬としてビットコイン(BTC)を獲得できる。

なおSTXは、現在バイナンス(Binance)やゲート(Gate.io)、クーコイン(KuCoin)などの暗号資産取引所で取り扱われている。なお記事執筆時点での時価総額は約4,910億円となる(1/19コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

米コインベースプロにInverse Finance(INV)、Liquity(LQTY)、Polyswarm(NCT)、Propy(PRO)上場へ

米コインベースプロ、Goldfinch Protocol(GFI)上場へ

米コインベースプロ、Decentralized Social(DESO)上場へ

コインベース、DiFi利回り提供サービス開始。DAIをCompoundで運用

米コインベースプロ、イミュータブルX(IMX)やゴッズアンチェインド(GODS)など暗号資産6銘柄を新規上場

参考:Twitter
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催