米コインベースプロ、Goldfinch Protocol(GFI)上場へ

コインベースプロでGFI上場

米ナスダック上場の暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbase(コインベース)が、同社提供の個人トレーダー向けプラットフォームCoinbase Pro(コインベースプロ)にて新たに暗号資産ゴールドフィンチ・プロトコル:Goldfinch Protocol(GFI)を上場することが1月12日分かった。

なお同日MEXCグローバルでもGFIの上場を発表している。

コインベースの発表によるとGFIは、流動性条件が満たされ次第1月12日に取引が開始される予定となっている。また米コインベースのサービス対象全地域で対応するとのこと(日本は対象外)。

GFIとの取引ペアはGFI-USD、GFI-USDT、およびGFI-EURとなるとのこと。

なおコインベースプロで上場した暗号資産は数日中にCoinbase.com(販売所)でも取り扱いが開始する流れとなっているため、今回上場となったGFIもその対象となるだろう。

ゴールドフィンチ・プロトコルは、無担保でビジネスローンを提供するイーサリアム基盤の分散型クレジットプロトコル。ネイティブトークンのGFIは、プロトコルに関する投票やステーキング、ガバナンストークンとして利用されている。

なおGFIは、暗号資産取引所のMEXCグローバルの他、ユニスワップV3(Uniswap V3)やDODOなどの分散型取引所(DEX)でも取り扱われている。なお記事執筆時点での時価総額は約67億円となっている(1/12コインマーケットキャップ調べ)。

コインベースプロでの暗号資産上場は12月14日に取引が開始したディセントラライズド・ソーシャル:Decentralized Social(DESO:ディーソ)以来となり、今年に入り初の上場発表となった。

関連ニュース

米コインベースプロ、Decentralized Social(DESO)上場へ

コインベース、DiFi利回り提供サービス開始。DAIをCompoundで運用

米コインベースプロ、イミュータブルX(IMX)やゴッズアンチェインド(GODS)など暗号資産6銘柄を新規上場

米コインベースプロ、暗号資産7銘柄を新規上場

米コインベースにBiconomy(BICO)上場

参考:コインベース 
デザイン:一本寿和
images:iStock/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【2/3話題】マスターカードの元NFT責任者が辞表NFT販売、Optimism初アップグレードが3月提案など(音声ニュース)

マスターカードの元NFT責任者、辞表のNFT販売で支援募る、【取材】NFT・ブロックチェーン活用の教育採用サービス「ONGAESHI」発表=コクヨ、SMTB、慶應FinTEKセンター、TUSIM、IGSら運営、コインベース、トークンを違法に販売したとする訴訟の棄却に勝利、tofuNFTとZife INOが業務提携、二次流通支援へ、米クラーケン、開設1年足らずでアブダビオフィス閉鎖、担当者レイオフも=報道、イーサL2「Optimism(OP)」、初のアップグレード「Bedrock」が3月実施で提案、日本ガイシとリコーの合弁会社が事業開始、ブロックチェーン活用の電力デジタルサービス事業化へ、読売ジャイアンツ、春季キャンプで「ジャビット」NFT無料配布、スタートバーン「FUN FAN NFT」で

Sponsored

【2/2話題】イーサのパブリックテストネットZhejiang公開、分散型データストレージシステムBNB Greenfieldなど(音声ニュース)

イーサリアム、ステーク出金機能対応のパブリックテストネット「Zhejiang」公開、BNBチェーン、分散型データストレージシステム「BNB Greenfield」発表、コンセンシス、無料web3学習プラットフォーム「MetaMask Learn」提供開始、c0ban取引所が業務再開、エクシアから独立しCoin Masterとして、欧州投資銀行、ポンド建てデジタル債券発行へ、暗号資産ハッキング被害、昨年が過去最高の38億ドル、北朝鮮グループが主導か、分散型取引所Dexalot、アバランチ(AVAX)サブネットでローンチ、SUSHI TOPと「tofuNFT」のCOINJINJAが業務提携、LINE NFT、物件仲介手数料が0.5ヶ月分になるNFT「サクラノスマイ」発売へ、クロスチェーン通信プロトコル「レイヤーゼロ」、重大な脆弱性の指摘を否定、フットサルチーム「ポルセイド浜田」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored